Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2013/12/01(日) 06:21:34

【野球】「男好きの噂が立つといっぺんにダメ」「落ち目の時ほど自分を高く売る」 8球団を渡り歩いた男が語るプロ野球で上手くやる秘訣

1 :チリ人φ ★:2013/11/30(土) 20:31:36.85 ID:???0
プロ野球はFA移籍やトライアウトの話題が盛んだが、かつて球界には、日本だけで合計8球団を渡り歩いた男がいる(プロ野球記録)。それもトレードではなくすべて自由契約になった末、テストに合格して、行く球団、球団で年俸が上がっていったという凄腕である。名前を後藤修といい、最大2年を限度に渡り歩いたことで、「ジプシー後藤」の異名がついた。一体どんな人物なのか、スポーツライターの永谷脩氏が綴る。

* * *

入団テストに受かる方法を尋ねたところ「2月1日に全力を出せるようにトレーニングする」というものだった。キャンプの初日に、テスト入団生がいきなり150キロ近い球を投げたらば、大概採用してくれるという。

何故、最大2年で次々とクビになるのだろうか。

「正論を言って嫌われたんだよ。当時の監督は、好き嫌いだけで選手を使ったからね」

確かに、クラシック音楽のカセットテープを持ち歩き、聖書を片手に、「体がスウェーして投球フォームを狂わせるから、試合前のノックは受けたくない」と言えば、いくら才能があっても、大概はすぐに“変人”の烙印を押されてしまうだろう。

後藤の現役を知る人に聞くと、「そりゃ、指にボールがかかった時は、素晴らしい球が行くが、コントロールがメチャクチャだった」そうだ。現役9年間で12人の監督に嫌われた左腕には、18勝31敗の記録が残っている。

「プロの世界は素質があれば、いくら変人と言われようが必ず使ってもらえる。手癖が悪いとか、男好きとかの噂が立つといっぺんにダメになるけど」

8球団も渡り歩いているからこそ言える言葉だったかもしれない。それに当時の球界の気風は、「変わったヤツ」と言われる人間ほど、自分が育ててみたいという人が多かった時代。今のように、安全に、安全にという方針とは違っていた。

何度もクビになりながら、月2万円でスタートした給料が、最後には9万円にまで上がった。それについて聞くと、「お前もプロの端くれになるのだったら、クビを怖れて自分を安く売ってはダメ。落ち目の時ほど、高く売るべきだ」と答えた。到底、凡人にはできないと思った。

※週刊ポスト2013年12月6日号

http://www.news-postseven.com/archives/20131130_228843.html


[【プロ野球】8球団を渡り歩いた男が語るプロ野球で上手くやる秘訣]の続きを読む

2013/09/02(月) 21:48:47

【野球】日ハム・陽岱鋼、韓国企業の破格オファーをけって台湾メーカーとCM契約、台湾で称賛の嵐

1 :れいおφ ★:2013/09/02(月) 08:22:26.11 ID:???0
台湾東森テレビのウェブサイトによると、北海道日本ハムファイターズで活躍する台湾出身の陽岱鋼(よう・だいかん)選手が破格の値段を提示した韓国メーカーの誘いを断り、台湾メーカーとイメージキャラクター契約を結んだ。30日付で中国新聞網が伝えた。

陽選手はこの件について、28日午後4時(現地時間)ごろ、自身のフェイスブックに「台湾人が台湾を愛さなかったら、誰が台湾を愛するのか?」と投稿。29日晩までに9万人以上が「いいね」ボタンを押した。

日本のプロ野球で大活躍しながらも、故郷への愛を忘れない陽選手を台湾ネットユーザーたちは大絶賛。「これぞ男の中の男だ」「台湾のためにありがとう」「台湾への愛を言葉ではなく行動で示した」などと称賛の声が寄せられているという。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/358341/


[【プロ野球】陽岱鋼「台湾人が台湾を愛さなかったら、誰が台湾を愛するのか?」]の続きを読む

2013/05/30(木) 23:05:11

気持ちの入ってない「ファンの皆さんのおかげ」「応援よろしくお願いします」ばかり…なぜ、ヒーローインタビューはつまらないのか

1 :大梃子φ ★:2013/05/29(水) 11:34:41.42 ID:???0
プロ野球の試合後には、必ずヒーローインタビューが行われる。いつからか、やり取りは形式的なモノになっており、「ファンの皆さんのおかげで打てました」「応援よろしくお願いします」という感謝や懇願の言葉を、気持ちの入らないままに、まるで定型文を読むかのごとく喋る選手が目立っている。

もちろん、インタビュアーの振りが形式的な言葉を誘発している面は多分にある。だが、かつてはインタビューアーからマイクを奪い、自分の言いたいことをしゃべった選手もいる。

長嶋監督が『国民的行事』と呼んだ“10.8決戦”の1週間前となる94年10月1日、中日とデッドヒートを繰り広げていた巨人は、東京ドームでのヤクルト戦に負ければ首位陥落の危機にあった。2対0とリードした7回裏、2死二、三塁から岡崎が敬遠され、満塁の場面で2番・川相がバッターボックスに立った。敬遠に燃えた川相は、走者一掃となるタイムリー二塁打。この回、原の三塁打の後に、元木のスクイズ失敗で相手に傾いたイヤな流れを断ち切る、貴重な一打だった。

そして、ヒーローインタビューに呼ばれた川相は、アナウンサーの質問を遮り、「勇太、拓也、成美、パパ、頑張ったよ〜!」とスタンドにいる家族に向かって絶叫した。その後、「スタンドに来てくださったファンの皆さん、応援ありがとうございました。明日からも頑張りますので、どうか応援よろしくお願いします!」と頭を下げた。

のちに、川相は著書『明日への送りバント』の中で、 

「本当はあのとき、私がいちばんメッセージを伝えたかった相手はチームメイトでした。まだあきらめるような状況ではないのにチームのムードがすっかり沈滞していたので、なんとか鼓舞して盛り上げたいという思いがありました。私は、私の心の中の熱い闘志を示す手段をずっと探していました」

と振り返っている。

ヒーローインタビューほど、人々の注目を集められる舞台はない。にもかかわらず、最近の選手はどうもヒーローインタビューをおざなりにしがちではないか。もちろん、気持ちのこもった言葉を発する選手もいるし、パフォーマンスで盛り上げる選手もいる。だが、あまりにも形式的なやり取りで終わるケースが頻発しているように思えて仕方ない。

なぜ、プロ野球選手のヒーローインタビューはつまらないのか?それは、「なぜ、プロ野球選手が高い年俸をもらえるのか」を理解していないからだと思われる。

もちろん、プロは高い技術を見せ合うことが第一である。それをなくして、プロとは呼べない。ただし、高年俸の中には、技術以外のエンターテイメントの部分も含まれているはずだ。

プロ野球は、スポーツという枠を超え、エンターテイメントとして成立しているから、選手は数億円ももらえる。それなのに、何の工夫もないヒーローインタビューばかりではシラケてしまう。

「ファンの皆さんのおかげで打てました」「応援よろしくお願いします」

ファンは同じ言葉でも、気持ちが入っているかどうかを聞き分けられる。

「じゃあ、なんてしゃべればいいんだ?」と思うだろうし、「インタビューのフレーズ考える暇があるなら、練習した方がいいだろ」と考えるだろう。全くもって、その姿勢はプロとして正しい。だから、いっそうのこと、お立ち台でもっとも多用されるこの2フレーズは禁止にしたらどうか。禁止にすれば、新たな自分なりの言葉が生まれてくるはずだ。

中には寡黙な選手がいてもいい。だが、なかにはしゃべりの名手のような選手がいても悪くない。

http://npn.co.jp/article/detail/67620048/



[【プロ野球】なぜ、ヒーローインタビューはつまらないのか?]の続きを読む

2013/01/13(日) 16:15:08

【野球】ソフトバンク・小林至部長、馬原がプロテクト名簿から漏れたことに「苦渋の決断」「(取られる)確率は低いと思っていた」

1 :かばほ〜るφ ★:2013/01/13(日) 11:11:45.17 ID:ςςς0
ソフトB小林部長「苦渋の決断」

人的補償の対象外となる28人のプロテクト名簿から生え抜きで通算180セーブの馬原が漏れたことについて、ソフトバンクの小林至・海外担当兼中長期戦略担当部長は「苦渋の決断。常に優勝できるチームづくりを最優先した」と説明した。

最優先したのは「常勝軍団」の構築。成長株が多い事情、ポジション上のバランスを考えると、馬原は「断腸の思いで外さざるを得ない選手」の一人だったという。

昨年2月に右肩を手術した馬原は復活途上にあり、順調なら今年中に国内FA権を取得する。推定年俸も1億3500万円と高額で、小林部長は「(取られる)確率は低いと思っていた」と認めた。

守護神不在のプルペンについて、救援投手の補強はしないことを明言。「現在のメンバーでやりくりできる」として、抑え経験のあるファルケンボーグや森福らの名前を挙げた。選手の動揺も予想されるが、小林部長は「数年先を見越した判断。優勝を狙える布陣だと思っている」と強調した。

http://www.daily.co.jp/baseball/2013/01/13/0005665673.shtml

馬原の流出について説明したソフトバンクの小林至・海外担当兼中長期戦略担当部長
http://i.daily.jp/baseball/2013/01/13/Images/05665674.jpg


[【プロ野球】SB小林至部長、馬原のプロテクト除外は「(取られる)確率は低いと思っていた」「断腸の思い」]の続きを読む

2012/02/26(日) 23:59:59

【プロ野球】「もう投げなくていいんだって、ほっとした」…ある打撃投手の引退

1 :うんこなうρ ★:2012/02/27(月) 01:20:34.82 ID:ςςς0
阪神の沖縄キャンプ取材中は、心地よく眠りにつくために缶ビールにお世話になりました。疲れ切っているときほど、よく眠れなかったりするものです。スーッと眠れるだけでも安心するので、宿の冷蔵庫には常備していました。

沖縄の居酒屋で居合わせた阪神のある打撃投手も現役時代、眠るためにお酒に頼っていたそうです。「試合で一度上がったテンションって、そうそう下げることはできなんだよね」というのが、その理由。先輩選手の中には睡眠薬を利用していた人も少なからずいたそうで、まねをして飲んでみたそうですが「僕の場合は薬が翌日も残ってしまうようで、なんだかぼーっとする。これは仕事にならないと思っていたら、お酒に目がいった」とのこと。

その打撃投手は「自分にはこっちの方が合っている気がしたから、そりゃ半端じゃない飲み方をしてたね」と笑いながら話していましたが、今でも泡盛や焼酎を1ダースキープしておいても、1週間保つか保たないか、という酒豪ぶりを発揮されています。ちなみに、プロ野球選手でしこたまお酒を飲むのは、圧倒的に野手より投手の方が多いとか。

打撃投手は日々の練習で、フリー打撃などの際に投手役を務めるのが役目。主に現役を引退した元選手が担当していることが多いですね。

身体的にも大変な仕事で、毎日150〜200球も投げ続けなければなりません。打者の要求するコースに投げるだけのコントロールももちろん必要です。現役時代はいかに打たれないようにするかということに集中して投げるのに、今度はどうやって打ってもらうかと逆のことを考えるのは、相当な重圧なのだそうです。

精神的な原因などで投げるのが苦痛になってしまった打撃投手もいました。それを隠しながら必死で投げ続けていたそうです。そんな時、手伝いで外野の守備につき、打球を追っていたらフェンスにぶつかって腕か手の骨を折ってしまった。生活に関わる一大事ですが、その打撃投手は「もう投げなくていいんだって、ほっとした」と思ったそうです。いろんなことを考えさせられる一言でした。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/120226/wsp12022608000000-n1.htm


[【プロ野球】「もう投げなくていいんだって、ほっとした」…ある打撃投手の引退]の続きを読む

2012/02/25(土) 23:59:59

【江尻】侍ジャパンは年功序列でござる!(江尻)

1 :うんこなうρ ★:2012/02/21(火) 22:34:52.79 ID:ςςς0
プロ野球は実力がすべての世界とはいえ、年功序列も完全に排除はできない。3月10日に行われる「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」(東京ドーム)での侍ジャパンの背番号の話だ。

 日本野球機構(NPB)によると「背番号が重なった場合は年功序列が基本。変える選手は、本人の希望で選んでもらっています」という。

 今回、5人が自チームとは違う番号をつける。「18」は楽天・田中将大投手(23)が背負うが、同じ番号の日本ハム・斎藤佑樹投手(23)は「11」に。同世代とはいえ、プロのキャリアは雲泥の差だ。田中はプロ入り6年目で通算65勝、昨年は投手三冠、沢村賞まで受賞。ダルビッシュ有投手(25)が米大リーグ・レンジャーズに移籍した今、日本球界の若きエースの期待を背負っている。

 一方、斎藤はルーキーイヤーの昨年6勝6敗という不本意な成績。黙って18を差し出すしかない。栗山英樹新監督(50)は斎藤を開幕投手候補として期待をかけているが、ここまで結果を出せずイライラ状態。侍ジャパンで豹変(ひょうへん)してほしいところだろう。

 昨年は最多勝、防御率で投手二冠だったプロ7年目の中日・吉見一起投手(27)は、11年目のヤクルト・石川雅規投手(32)に「19」を譲り「20」をつける。7年目の西武・炭谷銀仁朗捕手(24)も、11年目で前西武のソフトバンク・細川亨捕手(32)と「27」がかち合ったために「8」を選択。2年目の昨季首位打者になった巨人・長野久義外野手(27)は「7」だが、9年目の日本ハム・糸井嘉男外野手(30)がいるので「10」に変更した。

 5年目の日本ハム・中田翔外野手(22)も、「6」は1年先輩の巨人・坂本勇人内野手(23)に渡し「22」。「プロ野球選手にとって、背番号はもうひとつの顔」だが、今回の場合、納得できる年功序列による変更といえる。

夕刊フジ編集委員・江尻良文

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20120221/bbl1202211229003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/images/20120221/bbl1202211229003-p1.jpg


[【プロ野球】侍ジャパンは年功序列でござる!]の続きを読む

2011/06/18(土) 23:59:59

【プロ野球】スワローズ、ブルペンに緊急電話「どっちが打撃が得意なんだ?」

1 :なうなう@うんこなうρ ★:2011/06/15(水) 19:13:28.96 ID:ςςς0
ヤクルトが延長の末にサヨナラ勝ちした14日の西武戦(神宮)は、「超」のつく総力戦。ベンチの野手を使い果たし、最後は投手を代打に送る用意までしていた。緊急事態にヤクルトベンチはどう動いていたのか。

同点の11回。ヤクルトがサヨナラのチャンスを広げるにつれ、記者席のざわめきは大きくなっていった。3番には10回から守護神・林が入っていたが、すでにベンチには野手が残っておらず、「誰が打席に入るのか」が焦点になったからだ。

ヤクルト首脳陣の判断は、林ではなくブルペンに残る中継ぎの2人から代打を送ることだった。ブルペンに緊急の電話が入り、コーチが「どっちが打撃が得意なんだ?」と尋ねた。新人の久古は高校時代から下位を打っており「自信がない」。指名打者制のパ・リーグから昨季移籍してきた渡辺は、実は「高校時代は野手もやっていた」ため、白羽の矢が立った。

9回1死満塁。2番田中が打席に向かうと、久古に「頑張って下さい」と送り出された渡辺が、バットを手にネクストバッターサークルへ。だが田中がサヨナラ犠飛で試合を決めたため、渡辺が「楽しみだった」という新人時代の2005年以来、6年ぶりの打席は幻に終わった。

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110615/bbl1106151537005-n1.htm


[【プロ野球】ヤクルトがブルペンに緊急電話「どっちが打撃が得意なんだ?」]の続きを読む

2011/05/10(火) 23:59:59

【野球】巨人・星孝典が金銭トレードで西武に移籍

1 :テキサスイズザレーズンφ ★:2011/05/09(月) 20:51:04.48 ID:ςςς0
巨人は9日、星孝典捕手(29)が金銭トレードで西武に移籍すると発表した。星選手は宮城県の仙台育英高から東北学院大をへて2005年に巨人に入団した。

星選手は東日本大震災で祖父母を亡くしており、3月28日には自ら運転し、出身地の宮城県名取市など被災地に救援物資を届けたことでも知られる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hlςa=20110509-00000519-sanspo-base

星孝典
http://amd.c.yimg.jp/amd/20110509-00000519-sanspo-000-0-thumb.jpg


[【野球】巨人の星が西武へ移籍]の続きを読む

2011/04/30(土) 11:59:59

【プロ野球】球宴「当確」!斎藤佑樹のオールスターゲーム出場が確定したと産経経済新聞社が報じる

1 :なうなう@うんこなうρ ★:2011/04/26(火) 09:15:06.05 ID:ςςς0
球宴当確だ!! 日本ハムのドラフト1位・斎藤佑樹投手(22)=早大=が「マツダオールスターゲーム2011」
(7月22−24日)に出場することが25日、確実になった。イースタン・リーグはこの日、フレッシュオールスター
(7月21日、富山)の出場候補21人を選出したが、既に1軍で勝ち星を挙げている斎藤と巨人のドラフト1位・
沢村拓一投手(23)=中大=は選ばれなかった。セ・パ両リーグを代表する新人右腕が、夢の球宴を盛り上げる。

http://www.sanspo.com/baseball/news/110426/bsj1104260507002-n1.htm


[【プロ野球】産経、投票が始まってもないのに斎藤佑樹の球宴出場が確定と報道する]の続きを読む

2011/02/20(日) 23:59:59

【野球】片岡がシコースキーに「そのスパイクは試合で使えない」と指摘→隣にいたフェルナンデスが激高してスパイクを地面に投げつける

1 :THE FURYφ ★:2011/02/19(土) 13:08:35 ID:ςςς0
西武の守護神シコースキーが思わぬダメ出しを食らった。今キャンプではつま先部分が白で全体が黒とツートンカラーのスパイクで練習しているが、片岡から「それ、試合で使えないよ」と指摘された。

西武の場合は、メーカーのロゴは白、全体は黒で統一したスパイクでないと試合で使用することができない。すると、なぜか隣にいたフェルナンデスがシコースキーの持っていたスパイクを取り上げ「何でだ!」と激高して地面へ投げつけた。これにはシコースキーも「こっちが何でだよ」と苦笑い。「色が気に入ってたけど、審判に使ってはいけないと言われるだろうね」と残念そうだった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/02/19/kiji/K20110219000276270.html
画像:スパイクを手におどけるシコースキー
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/02/19/gazo/G20110219000274930.html


[【プロ野球】片岡がシコースキーに指摘し、フェルナンデスがブチギレ、シコースキーが苦笑い]の続きを読む