Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2012/08/15(水) 00:01:00

【海外】映画『マトリックス』シリーズの監督・ウォシャウスキー兄弟の兄ラリーさん、性転換して女性になっていた

1 :宵宮祭φ ★:2012/08/10(金) 11:50:15.63 ID:ςςς0
【けっこう美人】いつのまにか『マトリックス』監督・ウォシャウスキー兄弟の「兄」が性転換をして「姉」になっていた

れからはウォシャウスキー兄弟ではなく、「ウォシャウスキー姉弟」といわなくてはならないかもしれませんね。映画『マトリックス』シリーズの監督・ウォシャウスキー兄弟の兄ラリーさんが、性転換をして女性になっていたことが判明しました。

ラリーさんは新作映画『Cloud Atlas』のプロモーションをするにあたり、そのタイミングで女性になった自分を世間に公表しました。『Cloud Atlas』のプロモーション動画を見てみると、確かに女性になっているラリーさんがいました。

あ、すでに女性になっているので、新しい名前である「ラナさん」とお呼びしなくてはなりませんね。『マトリックス』シリーズは世界中の人たちに多大な影響を与えました。とても斬新なアイデアで予想もつかない展開が楽しめる作品です。

ですが、その作品以上に驚きの展開をみせたウォシャウスキー兄弟。……じゃなくてウォシャウスキー姉弟。性転換をしたことで、今後の作風なども変化していくのでしょうか?

http://youpouch.com/2012/08/10/77101/




[【映画】ウォシャウスキー兄弟、兄が性転換してウォシャウスキー姉弟に]の続きを読む

2011/04/12(火) 23:59:59

【映画】サム・ライミ監督『死霊のはらわた』がiPhone/iPad専用ゲームに

1 :テキサスイズザレーズンφ ★:2011/04/09(土) 21:25:30.62 ID:ςςς0
映画『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督による伝説のカルトホラー映画『死霊のはらわた』が、iPhoneとiPad専用ゲームとしてよみがえることが判明した。

報じたハリウッド・リポーターによると、本ゲームはiPhoneやiPad、そしてアンドロイド携帯電話向けに『グリーン・ホーネット』や『ベスト・キッド』といった映画関連のゲームを提供しているTrigger Appsが、ライミ監督のゴースト・ハウス・ピクチャーズと共同で制作するもの。プロデューサーとしてライミ監督と長年ダッグを組んでいるロバート・G・タパートは「僕とサム、ブルース(・キャンベル)は、1980年代に作られたこの作品の魅力を、現代のデジタル時代に持ってくることに、常に興味を持っていたんだ」と語っており、この作品をその第一歩としたい考えのようだ。

ゲームは3Dのアクションシューティングとなり、プレイヤーは劇中でブルース・キャンベルが演じた主人公、アッシュを操って、2つのチャプターからなる全30面のステージのクリアーを目指す。ひとつ目のチャプターは映画のストーリーを追うものとなり、ふたつ目のチャプターは、新たな敵も登場するゲーム用のストーリーになるという。音楽は映画のスコアを使用し、チェーンソーなどのシリーズおなじみの武器も登場するなど、映画のファンに向けたサービスも充実しているとのこと。現時点において配信日は未定だが、配信されるのは英語版のみとなり、価格はiPhone版が2.99ドル(約255円)、 iPad版が4.99ドル(約425円)になるという。(1ドル85円計算)。

シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0031562

サム・ライミ監督
http://s.cinematoday.jp/res/N0/03/15/N0031562_l.jpg


[【映画】サム・ライミ監督『死霊のはらわた』がiPhone/iPad専用ゲームに]の続きを読む

2011/04/10(日) 23:59:59

【訃報】映画「十二人の怒れる男」監督シドニー・ルメット氏死去 86歳 

1 :ね( ゚Д゚)こφ ★:2011/04/10(日) 02:40:26.76 ID:ςςς0
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、映画監督のシドニー・ルメット氏が9日、ニューヨークの自宅で死去した。86歳。家族によると、死因はリンパ腫。

1924年6月、米ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。57年の「十二人の怒れる男」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。「オリエント急行殺人事件」(74年)「評決」(82年)などの硬派な社会的作品で知られた。

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040901000943.html


[【訃報】『十二人の怒れる男』『その土曜日、7時58分』監督、シドニー・ルメット氏死去]の続きを読む

2011/02/07(月) 23:59:59

【映画/訃報】「人魚伝説」「秋深き」池田敏春監督、入水自殺

1 :デニウ損φ ★:2011/01/25(火) 18:05:05 ID:ςςς0
「人魚伝説」「秋深き」の池田敏春監督が、三重・伊勢志摩で入水自殺していたことがわかった。関係者が現地で身元確認を行った。

1974年に早稲田大学第一文学部を卒業。在学中から石原プロモーションで助監督を務め、卒業後に日活へ入社。同期入社には、「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の根岸吉太郎監督がいる。

80年に「スケバンマフィア・肉刑・リンチ」で監督デビュー。「ひと夏の体験 青い珊瑚礁」「人魚伝説」「ハサミ男」などのメガホンをとった。直近では、織田作之助の小説を八嶋智人、佐藤江梨子主演で映画化した「秋深き」の監督を務めた。

池田監督は長年にわたりうつ病を患っていた。Twitterにアカウントをもっていたが、昨年9月24日に「午前十時の映画祭、私のようなものには大変ありがたいです。これからも続けてください」と書き込みをして以降、更新はなかった。

■ソース
http://eiga.com/news/20110125/16/


[【映画/訃報】「人魚伝説」「秋深き」池田敏春監督、入水自殺]の続きを読む

2011/02/05(土) 23:59:59

【映画】サム・ライミ監督、自身のデビュー作「死霊のはらわた」のリメイクを企画中?

1 : ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★:2011/01/27(木) 20:10:30 ID:ςςς0
映画『スパイダーマン』シリーズでおなじみのサム・ライミ監督が、一躍自身の名を世間に知らしめたデビュー作『死霊のはらわた』のリメイクを考えていることがDarkhorizons.comによって明らかになった。

これは、サム・ライミ監督の仕事のパートナーとして、デビュー作から多くのライミ監督作品をプロデュースしてきたロバート・G・タパートが、デトロイト・フリー・プレス(Freep.com)のインタビューに答えたもので、「(リメイクの)可能性があるんだ。今月、サムとその脚本を読む予定だよ。実際には、当時わずかな人々しか本来の正しい形式である映画館で鑑賞していなかったと我々は思っているんだ。(アメリカでこの映画は、ビデオでの成功は収めたが、公開当時の興行成績は特別に良かったわけではなかった)だから、サムはおそらく正式な劇場体験をもとに、究極の恐怖体験を味わえるリメイク作品を考慮していると思うんだ」とコメントを残している。

1981年に制作されたオリジナル『死霊のはらわた』のストーリーは、森の別荘で楽しく休暇を過ごそうとやって来たアッシュ(ブルース・キャンベル)と4人の若者が、地下室で発見したテープレコーダーに録音された音声を再生してみると、それはなんと森に封じ込められた悪霊をよみがえらせてしまう呪文だった……。そして、徐々に復活した悪霊に憑依(ひょうい)され、次々に仲間たちが不死の怪物と化していく中、アッシュは彼らに果敢に立ち向かっていくというホラー映画。さらにオリジナルの続編として、『死霊のはらわたII』、『キャプテン・スーパーマッケット』(死霊のはらわたIII)などがある。

ちなみにホラー・サイト、Shocktillyoudrop.comによると、これまでも多くの脚本家や監督たちが、このリメイク作品に携わる予定の製作会社ゴースト・ハウス・ピクチャーズと何年にもわたって会合を重ねてきたらしく、今回の企画が制作に結びつくかは、まだはっきりとしていない。ただ、脚本次第でリメイクの可能性があることをプロデューサーは示唆している。もし製作されることになれば、サム監督はプロデュースを担当する予定だそうだ。

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0029898


[【映画】サム・ライミ、伝説のデビュー作「死霊のはらわた」のリメイクを企画中!?]の続きを読む

2011/01/29(土) 23:59:59

【映画】アカデミー賞ノミネート作品発表:「英国王のスピーチ」が12部門で席巻

1 :花電車φ ★:2011/01/25(火) 23:42:23 ID:ςςς0
米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは1月25日(現地時間)、第83回アカデミー賞のノミネート作品を発表した。

最多ノミネートは、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男女優賞など計12部門に名を連ねた「英国王のスピーチ」。オスカー前しょう戦といわれる第22回アメリカ製作者組合(PGA)賞映画部門のダリル・F・ザナック賞(プロデューサー・オブ・ザ・イヤー)を獲得した勢いそのままに、一気に賞レースの中心に君臨した。

「英国王のスピーチ」を猛追するのが、デビッド・フィンチャー監督作「ソーシャル・ネットワーク」だ。作品賞、監督賞、主演男優賞など計8部門のノミネート。フィンチャー監督はこれまでオスカー像とは縁がない。「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」で監督賞にノミネートされているが戴冠を逃したため、今作で受賞となれば初の栄誉となる。

賞レースで主演男女優賞を総なめにしている「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンは、順当にノミネートされた。また、「おくりびと」以来のノミネートを狙った松たか子主演作「告白」は、日本映画として2年ぶりとなる外国語映画賞ノミネートを逃した。長編アニメーション部門入りの期待がかかった、細田守監督作「サマーウォーズ」の名も発表されることはなかった。

第83回アカデミー賞授賞式は、2月27日にハリウッドのコダック・シアターで行われる。発表されたノミネート作品は以下の通り。

▽作品賞
「127時間」
「インセプション」
「Winter's Bone」
「英国王のスピーチ」
「キッズ・オールライト」
「ソーシャル・ネットワーク」
「ザ・ファイター」
「ブラック・スワン」
「トイ・ストーリー3」
「トゥルー・グリット」

▽監督賞
ダーレン・アロノフスキー監督(「ブラック・スワン」)
ジョエル&イーサン・コーエン監督(「トゥルー・グリット」)
デビッド・フィンチャー監督(「ソーシャル・ネットワーク」)
トム・フーパー監督(「英国王のスピーチ」)
デビッド・O・ラッセル監督(「ザ・ファイター」)


>>2に続く

ソース:映画.com
http://eiga.com/news/20110125/22/




[【映画】アカデミー賞ノミネート作品発表 「英国王のスピーチ」「ソーシャル・ネットワーク」席巻]の続きを読む

2011/01/09(日) 23:59:59

【映画】ミッキー・ロークが実在する同性愛のラグビー選手役に挑戦

1 :禿の月φ ★:2011/01/05(水) 14:42:05 ID:ςςςP
第65回ヴェネチア国際映画祭において金獅子賞を受賞した映画『レスラー』以来、華々しく復活し、出演オファーが絶えないミッキー・ロークが、とても興味深い役に挑戦しようとしているようだ。

イギリスのコメディ・トーク番組「アラン・カー:チャッティ・マン / Alan Carr: Chatty Man」(原題)へ出演したミッキーが、同性愛者であると公表している実在のラグビー選手ガレス・トーマスを演じることを明らかにした。日本ではあまりなじみのない選手だが、ウェールズ出身のトーマス選手は、身長191cm・体重101kgの大男で、1995年から2007年の間、ウェールズのナショナルチームで活躍し、現在はウェールズのチーム「カーディフ・ブルー」に在籍している現役の選手だ。2009年にトーマス選手は、イギリスのデイリー・メール紙のインタビューで自身が同性愛者であることをカミングアウトし、このラグビー界のビッグスターの告白はイギリスだけでなく、世界中に大きな衝撃を与えた。

 トーマス選手の半生に感動したとインタビューで語ったミッキーは、「彼の物語を読んだんだ。ラグビーは世界で最も肉体的にきつく、難しいスポーツのひとつだ。とても荒々しいスポーツなのに、彼らはパッドもなしにプレーする。そんなラグビーの世界で、長年にわたって同性愛者であることを隠し選手を続け、そして公表したことはとても勇気が必要だったはずだ」と話した。

 ミッキーは、かなりトーマス選手の物語に思い入れがあるようで、インタビューを受けたトーク番組のホストであるコメディアンのアラン・カーは、日本で言う「おネエマン」で、自身も同性愛者であることを公表していることから、ミッキーに対して「あなたがゲイのラグビー選手を演じるのって、本当?」とオープンな問い方をしたところ、「そんな言いかたをするべきではない。いいかい、よく聞くんだ。オレがラグビー選手のガレス・トーマスと会って、ひとつのことを話し合った。とても重要なことだ。オレたちは一人の男の映画を作ろうとしていて、その内容はラグビーをプレーしていた男が、同性愛者だったというだけだ」と差別的にとらえないで欲しいと説明した。

 トーマス選手自身も同性愛者であることをカミングアウトした際に、「私は、ゲイのラグビー選手として知られたくはないのです。私は一人のラグビー選手であり、まずは男性であります。たまたま同性愛者であったというだけです」と私生活のことではなく、ラグビーでの活躍を評価して欲しいと話している。

 ラグビー界の大物で、同性愛を公表している唯一のプロ選手であるトーマス選手の半生を映像化するのは、かなりの話題作となることだろう。また、 1974年生まれのトーマス選手を、20歳以上も年上である58歳のミッキーが演じることは彼にとって大きな挑戦となることだろう。



シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0029400
画像
http://s.cinematoday.jp/res/N0/02/94/N0029400_l.jpg


[【映画】ミッキー・ローク、実在する同性愛のラグビー選手役に挑戦]の続きを読む

2010/12/27(月) 23:59:59

【映画】「今年最も違法ダウンロードされた映画トップ10」発表

1 :テキサスイズザレーズンρ ★:2010/12/23(木) 04:28:41 ID:���0
今年最も違法ダウンロードされた映画のトップ10が報じられ、世界最大の興行収入を記録したジェームズ・キャメロン監督の3D映画『アバター』が、違法ダウンロードの世界でもトップに君臨したことがわかった。

報じたハリウッド・レポーターなどによれば、このランキングはファイル共有ソフト「ビットトレント」に関するニュースを配信しているブログ TorrentFreakが発表したもので、『アバター』はこの1年で1,658万回もトレント関連のサイトからダウンロードされた。この数字は昨年違法ダウンロード数1位だった映画『スター・トレック』の1,096万回を上回る記録になる。劇場に足を運ばなければ、体験することが難しい3D映像は、ネット上での海賊行為を減少させるのではと期待されたが、その効果はなかったようだ。

次いで2位にランクインしたのは、映画『キック・アス』でこちらも1,140万回と『スター・トレック』以上のダウンロード数となっている。皮肉なことだが、興行成績では比べ物にならない大ヒット映画の次点につけたことが、本作の人気を証明する結果となった。また、3位には映画『インセプション』がランクイン。 こちらもDVDが発売されたばかりでの上位入りとなっており本作の人気を証明している。TorrentFreakが発表したトップ10と違法ダウンロード数は以下の通り。

1位『アバター』 1,658万回
2位『キック・アス』 1,140万回
3位『インセプション』 972万回
4位『シャッター アイランド』 949万回
5位『アイアンマン2』 881万回
6位『タイタンの戦い 』 804万回
7位『グリーン・ゾーン』 773万回
8位『シャーロック・ホームズ』 716万回
9位『ハート・ロッカー』 685万回
10位『ソルト』 670万回

シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0029212


[【映画】「今年最も違法ダウンロードされた映画トップ10」発表]の続きを読む

2010/09/14(火) 16:59:59

【映画】故・黒澤明監督の生誕100年・・・海外と日本の「温度差」とは

1 :ね( ゚Д゚)こφ ★:2010/09/06(月) 01:28:58 ID:ςςς0

「誰もが認める、現役最高の監督です」

1990年3月、米アカデミー賞の授賞式。壇上に並んだジョージ・ルーカス(1944年〜)とスティーヴン・スピルバーグ(1947年〜)の両監督が、緊張した表情で「アキラ・クロサワ」を紹介した。会場にどっかと構えた身長180センチの黒澤明(1910〜98年)は、万雷の拍手の中、ゆっくりと登壇。名誉賞のオスカー像をルーカスから手渡され、大きな右手で握る。“クロサワ”の影響を最も強く受けて映画の道に入り、“クロサワ”を指針とし、いまやハリウッドの頂点に立つ2人の〈チルドレン〉が、〈師(マスター)〉の姿を眩(まぶ)しそうに見上げた。

まるで黒澤映画を見るように、といったら本人は激怒するに違いないが、この中継映像は一瞬で、きわめて雄弁に、日本が生んだ「世界のクロサワ」の実像をわれわれ日本人の目に焼き付けた。風格、圧倒的な存在感、いかに海外で敬愛されているか。

そして、この粋な計らいを用意したのが、黒澤が尊敬してやまない映画監督、ジョン・フォード(1894〜1973年)を生んだ〈映画の都・ハリウッド〉であった。

晴れ舞台でのスピーチは、世界の映画を愛する人々を感銘させた。

「誠に光栄に思います」。そう切り出した黒澤は「しかし、はたして私がそれに値するかどうか少し心配です。なぜなら私はまだ映画が解っていない」。聴衆がどよめいた。「あ、いや、その…、映画というものをまだ、しっかりつかんでいないような気がするからです」

そこからが黒澤の真骨頂だった。「映画というものはすばらしい。しかし、このすばらしく美しいものをつかむのは大変むずかしい。私はこれからもこの映画というすばらしいものをつかむために全力を尽くすつもりです」

(続く)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/entertainment/showbiz/snk20100905076.html


[三船という名前の迫力]の続きを読む

2009/09/14(月) 11:59:59

【映画】フランス人映画監督のクリスチャン・ポベダ氏が、中米エルサルバドルで銃撃され死亡

1 :THE FURYφ ★:2009/09/03(木) 16:22:06 ID:ςςς0
中米エルサルバドルの首都サンサルバドル郊外で2日、フランス人映画監督のクリスチャン・ポベダ氏が、車内で銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。AP通信などが伝えた。

同氏はエルサルバドル在住で、今年、「マラス」と呼ばれるエルサルバドルの犯罪集団メンバーの人生を描いたドキュメンタリー映画を発表、注目されており、ジャーナリスト出身のフネス大統領は徹底的な捜査を司法当局に命じた。

http://www.sanspo.com/geino/news/090903/gnj0909031439023-n1.htm


[【映画】フランス人映画監督のクリスチャン・ポベダ氏、中米エルサルバドルで銃撃され死亡 犯罪集団メンバーの人生を描いたドキュメンタリー映画を発表]の続きを読む