Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/04/24(金) 17:20:07

1 :鳥φ ★:2009/04/22(水) 20:11:17 ID:ςςς0

「点を取るだけがFWじゃない」

シュートのみを第一義としない柳沢敦のポリシーは、時に「消極的」とみなされ、ゴールを決められなかった場合のエクスキューズとして捉えられてしまうことすらあった。

柳沢に対するバッシングの嵐が吹き荒れたのは、ドイツW杯グループリーグ第2戦のクロアチア戦。右からの絶好のボールを、ゴール前に入ってきた柳沢が右足アウトサイドに当てて、決定的なチャンスを逃したことで、「ゴールに固執しないストライカー」への不満が爆発したのだ。ドイツW杯以降、日本代表に招集されることはなくなってしまう。

だが、世間が柳沢に抱く印象と、柳沢と同じピッチに立ってきたチームメイトが抱く印象には、明らかにギャップがある。

柳沢が'96年に鹿島アントラーズに入団して以来、長年一緒にプレーしてきた本田泰人は、柳沢がチームメイトから絶大なる信頼を得てきた理由について、こう語る。

「ファンから見れば、『何でシュートを打たないの? 何でそこでパスなの?』って思うことがあったとしても、俺らのなかでヤナギのプレーを疑問に思うことなんてなかった。だって、シュートなのか、パスなのか、いつもベストの選択をしていたから。『ここではシュートを打ってくれよ』と思ったこともない。エゴイストぶりをむき出しにされてシュートを外されるほうが嫌だったし、そういうタイプは信頼を得るまでに時間がかかる。ヤナギはビスマルクやマジーニョら歴代のブラジル人選手からも信頼されていた」

http://number.bunshun.jp/national/column/view/3737/

http://number.bunshun.jp/contents/specialfeatures/images/727/727_03_01.jpg
http://number.bunshun.jp/contents/specialfeatures/images/727/727_03_02.jpg

[【サッカー】柳沢敦 愛される理由。――なぜ彼はあの時、蹴らなかったのか?]の続きを読む

2009/04/24(金) 10:54:05


1 :依頼、受けましたわーっ!@翠薔薇▲φ ★:2009/04/23(木) 18:50:40 ID:ςςς0


平成21年4月23日(木)午前0時ごろ、岡山県南区藤田の国道30号線上で横断歩道を歩行中だった現役競艇選手:登録第2897号 平子 茂(ひらこ しげる)選手〔B1級・44期生・岡山 51歳〕が、男性アルバイト店員(24歳)が運転する乗用車にはねられ、全身を強くうち死亡しました。

同選手は、昭和54年3月に第44期生として選手登録。選手生活約30年の間で、全7054走し通算1717勝をあげ、41回もの優勝を重ねてきた名選手のひとりでもありました。(通算勝率6.05)また、本年3月までは、日本モーターボート選手会の中国地区担当理事にも就任していました。

記事元:登録第2897号 平子 茂選手(岡山)の交通事故死について (競艇オフィシャルWeb)
http://www.kyotei.or.jp/infomation/topics/200904/23_002.html

[【競艇】平子茂が乗用車にはねられ死亡 選手生活約30年、通算1717勝、41回もの優勝を重ねた名選手]の続きを読む