Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/06/08(月) 22:59:00


【映画】新宿ミラノが不夜城に 『ターミネーター4』47時間ぶっ通し先行上映

1 :禿の月φ ★:2009/06/03(水) 15:15:13 ID:ςςςP
 週末の5日(金)から7日(日)までの3日間、人気SFアクションシリーズの最新作『ターミネーター4』の先行上映が全国の劇場で行われるが、東京・新宿歌舞伎町にある映画館「新宿ミラノ」が、5日(金)からの3日間で、連続19回の先行上映を行うことがわかった。

1064人収容の客席と、8メートル×16メートルの都内最大級のスクリーン・サイズを誇り、映画ファンに愛され続けている大劇場・新宿ミラノ1は、5日 (金)の22時に『ターミネーター4』の先行上映を開始。そのまま朝を迎え、休むことなく6日(土)も上映を続行。土曜の夜もオールナイト興行を行い、翌 7日(日)の20時55分に上映が終了するまでの全19回、延べ47時間の先行上映を行う。

新宿ミラノでは「歌舞伎町は24時間、眠ることなく動いている町なので、過去に行った早朝上映にも多くの動員がありました。ひとりでも多くの方に、大きなスクリーンで作品を楽しんでほしい」とコメント。先行上映期間中は映写技師・劇場スタッフが交代制で、『ターミネーター4』を待ちわびていた映画ファンを迎えるという。

他の劇場でもオールナイト上映は実施されているが、一度も劇場を閉めることなく19回もの先行上映を実施できるのは、どの時間帯でも人が活発に行き来する、日本有数の繁華街・歌舞伎町の映画館だからこそ可能な快挙といえる。

『ターミネーター4』
6月13日(土)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
※6月5日(金)、6日(土)、7日(日)先行上映

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hlςa=20090603-00000006-pia-ent

画像
いよいよ今週末に先行上映される『ターミネーター4』


ターミネーター4 - オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/


[【映画】新宿ミラノが不夜城に 『ターミネーター4』47時間ぶっ通し先行上映]の続きを読む

2009/06/08(月) 15:29:13


【サッカー】元フランス代表カンデラ、引退試合で夢の対決 ジダンとトッティは馬車に乗って登場 中田英寿氏も出場

1 :ちびのぽφ ★:2009/06/06(土) 17:20:53 ID:ςςς0
現地時間5日、元フランス代表DFヴァンサン・カンデラの引退試合が盛大に行われた。 選手のキャリアの中で目立った功績といえば、フランス代表の一員として1998年W杯を制したことと、ローマの一員として2001年のセリエAでスクデットを掲げたことが挙げられるだろう。この引退試合では、その2チームが激突した。

会場となったローマのスタディオ・オリンピコにはおよそ3万人の観衆が訪れ、カンデラを見送っている。フランス代表の10番ジダンとローマの10番トッティは、馬車に乗っての登場となり、スタジアムを大いに盛り上げた。

カンデラは前半を元日本代表MF中田英寿氏も出たローマの一員としてプレーし、後半はフランス代表としてプレーしている。終了間際にピッチを出てインタビューを受けたカンデラは、目に涙を浮かべながらピッチとの別れを惜しんだ。

現在35歳のカンデラは、ローマで200試合以上に出場。その後はボルトン、ウディネーゼ、シエナ、メッシーナと渡り歩いていた。なお、試合は5−3でローマが勝利。1998年フランス代表はジダンが見事なアシストでチーム2点目を演出するなどしたものの、より現役の多いローマが大量得点を奪った。

http://news.livedoor.com/article/detail/4189496/


[【サッカー】元フランス代表カンデラ、引退試合で夢の対決 ジダンとトッティは馬車に乗って登場 中田英寿氏も出場]の続きを読む

2009/06/08(月) 01:09:50


【サッカー/Jリーグ】神戸の選手寮「三木谷ハウス」若手選手を支える料理と笑顔…村野明子さんが作る多彩な料理が評判に

1 :すてきな夜空φ ★:2009/06/06(土) 18:07:52 ID:ςςς0

Jリーグ1部(J1)神戸の若手やユース選手が寄宿する「三木谷ハウス」(神戸市西区)で、今春からスタッフの一員として勤める村野明子さん(41)の評判がいい。アイデアと栄養に富んだ多彩な料理で“金の卵”たちの成長を支えるフードコーディネーターとして頑張っている。

5月下旬、三木谷ハウスでの昼食風景。親子丼やほうれん草のごまあえ、生野菜サラダなどが彩り豊かに盛り付けられ、選手らはあっという間に平らげた。ルーキーの楠瀬章仁(22)は「味がいいし、食事が楽しみ。体重が増えて、体脂肪は減った」と満足げだ。

東京生まれの村野さんは結婚を機に料理に打ち込んだ。転機は2003年。J2札幌の職員だった夫の晋さん(45)に誘われ、札幌の選手寮のスタッフに。栄養学を学びながらバラエティー豊かな料理で信頼をつかんだ。今年から晋さんが神戸のフロント入りしたことで、村野さんも三木谷ハウスへ。「においや見た目でも『おいしそう』と感じてもらえるよう、いろんな食材を使う」。50品目近くを用いて3食の献立を考え、個人の体質や好みに応じてカロリーやメニューも調整。筋肉づくりのため、食材を湯がいたり、オーブンにかけたりして、余計な油分を抜くよう心がける。

伸び悩みや試合でのミスなどで選手が落ち込んだときも「サッカーの話はしない。笑顔であいさつして、リラックスしてもらいたい」と、細やかな気遣いも見せる。「温かいごはんを食べて、お風呂に入って、ふとんで寝る。当たり前の幸せを感じてほしい」。未来のスターを目指し奮闘する若人を見守るまなざしは、実の母親のような優しさに満ちている。

ソース
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001993023.shtml
手料理を振る舞う村野明子さん(中央)。フードコーディネーターとして栄養満点の料理と笑顔が元気の源だ=神戸市西区、三木谷ハウス




[【Jリーグ】神戸の選手寮「三木谷ハウス」若手選手を支える料理と笑顔…村野明子さんが作る多彩な料理が評判に]の続きを読む