Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/06/10(水) 21:45:06


【プロ野球】ロッテ・バレンタイン監督途中解任も 今度は閣内批判

1 :雷電▲φ ★:2009/06/06(土) 21:33:15 ID:ςςς0
ロッテはボビー・バレンタイン監督(59)を、今シーズン途中で電撃解任する可能性が出てきた。5日の中日戦(ナゴヤD)で逆転負けを喫した後、9安打1点に終わった打線について問われ「打撃コーチを一時的に交代させる」と異例の閣内批判。昨年12月に球団フロントは、ブログ上での問題発言が続いた指揮官に厳重注意処分を下している。同様のチーム批判が続くなど事態が悪化すれば、シーズン終了を待たずに決断することもありそうだ。

仰天の発言だった。打線が9安打で1点。逆転負けで4試合ぶりの勝ち星を逃し、バレンタイン監督は顔を真っ赤にした。「打撃コーチを一時的に交代させるとか、そんなことを含めて、これから打開策を考えないといけない」ここ3試合33イニングでわずか2得点。怒りの矛先を、高橋慶彦打撃コーチに向けた。まさかの内紛が勃発(ぼっぱつ)しそうだ。高橋打撃コーチは今江、西岡らをスパルタ指導で鍛え上げ、バレンタイン監督の下、05年の日本一に貢献した盟友だった。閣内のコーチを痛烈批判し、敗戦の責任の一端を負わせる発言を公然と行うこと自体、極めて異例だ。

ボビーの不規則発言は、今回が初めてではない。昨年12月。ボビーは自身のブログ上で、自身の年俸返上を申し入れたとつづるなど、事実とは異なる発言を繰り返していた。これに対し、球団フロントは、年明けに厳重注意。指揮官は謝罪し、問題のブログを消去していた。今回の発言に、石川副代表は「私(フロント)に(コーチの交代などを)直接言ってきていることではないので、コメントのしようがない」と冷静に話したが、今後もチームの一体感を損なうような言動を続けるなど、事態を悪化させれば、途中解任の可能性も十分にありえる。
>>2以降に続く
http://sports.yahoo.co.jp/news/20090606-00000043-sph-base.html


[【プロ野球】ロッテ・バレンタイン監督途中解任も 今度は閣内批判]の続きを読む

2009/06/10(水) 08:41:19

【陸上】沢野大地、記録なし 米プレフォンティーン・クラシック

1 :◎@ふくたま▲φ ★:2009/06/08(月) 14:34:32 ID:ςςς0
 陸上のプレフォンティーン・クラシックは7日、米オレゴン州ユージンで行われ、男子棒高跳びの沢野大地(千葉陸協)は記録なしに終わった。

 男子100メートルは前世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)が10秒07で2位と敗れ、9秒94をマークしたマイケル・ロジャーズ(米国)が勝った。女子100メートルはカメリタ・ジーター(米国)が追い風参考ながら10秒85で制した。

http://www.sanspo.com/sports/news/090608/spg0906081417001-n1.htm
関連スレ【陸上】ゲイが疲労のため競技会を欠場
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1244166586/


[【陸上】沢野大地、記録なし 米プレフォンティーン・クラシック]の続きを読む

2009/06/10(水) 00:48:34


【ラグビー】96‐0!新人早明戦で明治大が16トライの猛攻を見せ早稲田大に圧勝

1 :THE FURYφ ★:2009/06/04(木) 08:16:10 ID:ςςς0
吉田メイジが驚異の強さを見せつけた。ラグビーの新人早明戦が3日、東京・上井草の早大グラウンドで行われ、元日本代表WTB吉田義人監督(40)率いる明大1年が、16トライの猛攻で早大1年に96―0と圧勝した。現役時代に名勝負を繰り広げたワセダに監督として初めて挑んだ一戦。ライバルを完膚なきまでに叩きのめし、名門復活へ手応えをつかんだ。

FWとバックスが一丸となって走る全員ラグビーによる猛攻ショー。吉田監督は「メイジ代表として素晴らしい試合だった。おめでとう。絶対にいいチームになる」と、快勝した新入生を手放しで褒めた。

「ワセダは永遠のライバル」と闘志を燃やす青年監督は、選手として87年12月の雪の早明戦(●7―10)から91年1月の大学選手権決勝(○16―13)まで宿敵と名勝負を繰り広げた。新人早明戦は01年から06年まで行われ、メイジは6連敗。以後、日程の都合が合わず中止されていたが、今回は3年ぶりに復活。吉田監督は試合前、選手に「絶対に負けるな」とゲキを飛ばして送り出した。

両チームとも先発に高校日本代表経験者7人ずつをそろえたが力の差は歴然だった。明大は前半1分にSO染山のPGで先制すると勢いが止まらない。15人がグラウンドを縦横無尽に動き、前半で6トライ、後半も9トライを追加し圧勝した。前半15分に50メートル、同37分に30メートルの独走トライを決めたFB国定は「みんな走り切れた」と胸を張った。

>>2-以降に続く


[【ラグビー】96‐0!新人早明戦で明治大が16トライの猛攻を見せ早稲田大に圧勝]の続きを読む