Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/07/11(土) 22:08:15


【芸能】中国人ライター、一度も会ったことのないマイケル・ジャクソンさんの伝記を48時間で書き上げる

1 :そまのほφ ★:2009/07/08(水) 11:09:49 ID:ςςς0
 米歌手マイケル・ジャクソンさんの急死を受けて、ジャクソンさんに1度も会ったことのない中国人ライター2人が48時間で伝記を書き上げた。6日付の英字紙チャイナ・デーリーが報じた。

 「Moonwalk in Paradise」と題された同書は、2人がたばことコーヒーを頼りに24時間体制で書き上げ、週末に店頭に並んだ。 

 これまでジャクソンさんについてのブログや評論を書いてきた著者の1人は、同紙に「自分自身がファンなのでファンの求めているものが分かる。ファンは何カ月間も待つことはできないので、締め切りに向け24時間体制で取り組んだ」と語っている。

 中国青年報によると、同書はジャクソンさんに関する著者たちの「蓄積された知識」に基づいて書かれており、同国では少なくとも10社の出版社が、同様のの書籍の出版を計画している。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-21264620090707


[【中国】マイケル・ジャクソンの伝記を48時間で書き上げ→週末には店頭に並ぶ]の続きを読む

2009/07/11(土) 18:08:15


【サッカー/地域リーグ】カマタマーレ讃岐、ついに胸スポンサー決定!ロゴは「さぬきうどん」、スポンサーは、あなた。

1 :デニウ損▲φ ★:2009/07/09(木) 16:29:04 ID:ςςς0

 
発表。胸スポンサーは、あなた。

すべては香川のため。
Jリーグ昇格を目指すカマタマーレ讃岐は、香川から全国を目指すサッカーチームとして、胸に「さぬきうどん」のロゴを掲げて戦います。
この広告のスポンサーはあなたです。
ひと口1000円から、さぬきうどん好きな方ならどなたでもご参加いただけます。
「さぬきうどん」を通じた香川のPRのため、そして、カマタマーレ讃岐のJリーグ昇格のために、ぜひ個人スポンサーとしてご支援いただければと願います。

※詳細はソース元でご確認下さい。

■カマタマーレ讃岐監督 羽中田昌
「香川に来て1年半が過ぎましたが、今ではすっかりさぬきうどんのとりこになってしまいました。さぬきうどんにパワーをもらって、愛する香川のために必ずJFL昇格を果たしますので、皆さまご支援のほどよろしくお願いいたします。」

■ソース
http://www.kamatamare.jp/sponsor/udon.html
■カマタマーレ讃岐オフィシャル
http://www.kamatamare.jp/


[【地域リーグ】カマタマーレ讃岐、胸スポンサーは「さぬきうどん」に決定!]の続きを読む

2009/07/11(土) 06:33:14


【F1】エクレストン、民主主義を非難しヒットラーとフセインを擁護 不可思議なインタビュー内容にユダヤ人グループやスポークスマン激怒

1 :堂山無敵φ ★:2009/07/06(月) 07:06:52 ID:ςςς0
http://www.topnews.jp/f1/11036.html

バーニー・エクレストンは厳しく民主主義を非難し、世界が認める独裁者のアドルフ・ヒットラーとサダム・フセインを擁護する発言を行った。

イギリスの新聞『The Time(タイムズ)』に掲載されたインタビューは議論を呼ぶような奇妙な内容だった。エクレストンは民主主義が「多くの国にとって良いことを成したとは言えない」と話し、続けて名高い暴君について話し出した。

「最悪のことを言うようだけれど、ヒットラーは自分が望んだか否か私には理解できないことを夢中になってやったのか、あるいは説得されてやったのかはわからない。ただ彼が数多くの人間を指揮し、それによって問題を解決することはできたのだ」

またエクレストンは、イギリスがアメリカを支持してイラクのフセインを打倒する決定を非難した。なぜなら「フセインがあの国をコントロールできた唯一の人物だったからだ」。

またアフガニスタンにおけるタリバーンに対しても「同じことだ」と言う。

FIA(国際自動車連盟)会長のマックス・モズレーは独裁者だという最近の非難に激怒しているが、エクレストンは決定力があるのは、ポジティブな性質だと語る。

「自分の決断を下すことができる人間が好きだ。もし何かを決めるのに自分の祖母の判断を常に仰がなければならないようなら、それはおろかだと私は言おう。私も決断を下し、時としてそれが正しかったことや間違っていることもある。その決断によって正しいことが間違ったことよりも多くなされていれば、それでいい」とエクレストンは言う。

エクレストンはモズレーが色濃いプレイを好むことを擁護している。「人は自分の好きなことをする権利がある」からだという。そしてサー・オズワルド・モズレーというイギリスの悪名高きファシストの息子はイギリスの代表として「素晴らしい仕事をするだろう」とも言っている。

エクレストンは女性が優れたレーシング・ドライバーにならない理由として「産休を取るかもしれないから」、失業手当を受け取っている人間は「たかり屋」でイギリスの前首相トニー・ブレアは「多分、多くの嘘をついただろう」とジョークを飛ばしている。

エクレストンのヒットラーにかんする言及は数多くのユダヤ人グループやスポークスマンを激怒させ、保守党の政治家ジョン・ウィッティングデールは「これは異常な意見で、このような意見を持ち得る人間がいるということにゾッとしている」と語る。(了)


[【F1】バーニー、民主主義批判に続いてヒトラー&フセイン擁護発言]の続きを読む