Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/09/18(金) 23:59:59

【野球】プロ野球審判員、20日のストライキ視野に

1 :鳥φ ★:2009/09/08(火) 14:14:48 ID:ςςς0

プロ野球のセ、パ両リーグの審判員が所属するサービス・流通連合の連帯労組プロ野球審判支部(佐々木昌信支部長)は8日、東京都内で日本野球機構(NPB)と審判員の厚生年金加入の継続を求めて団体交渉を行った。

労使ともに加入継続に努めていくことを確認したが、労組側は妥結しない場合、20日にストライキを行うと通告した。

NPBはストライキが行われた場合、代替審判員で試合を開催する方針。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20090908-541127.html


Athletic Geekの関連記事
・【プロ野球】NPB、審判員の厚生年金保険料を過少申告 その上プロ野球審判は国民年金に移行
http://athleticgeek.dtiblog.com/blog-entry-452.html

[【プロ野球】審判員、9/20のストライキ視野に 厚生年金加入をめぐってNPBと団体交渉]の続きを読む

2009/09/18(金) 17:59:59

【テレビ】元モーニング娘。紺野あさ美がフジテレビのアナウンサーに? 「アナウンサー1日無料体験講座」を受講

1 :かばほ〜るφ ★:2009/09/09(水) 15:44:37 ID:ςςς0

元モーニング娘。紺野あさ美がフジアナウンサーに?
週刊文春2009年9月17日号「THIS WEEK テレビ」
 
人生いろいろの元モーニング娘。たちだが、いよいよ来春、局アナ誕生か?モー娘。五期生だった紺野あさ美(22)がフジテレビの「アナウンサー1日無料体験講座」を受講していたことが話題に。同じ講座に参加した女子大生がブログで「私の隣は、なんと元モーニング娘。の紺野あさ美ちゃん すっかり仲良しになりました」と書き綴ったことが発端だった。

「ほかにもタレントのタマゴや雑誌の読者モデルなどが受講しています。紺野さんはちゃんとメモを取りながら真面目に受け、ツンとしたところもなく、クラスの子たちと仲良くやっていたそうです」(フジテレビ関係者)

優等生キャラの紺野は〇六年七月にモーニング娘。を卒業すると、高卒認定試験を経て慶応大学湘南藤沢キャンパスにAO入試で入学。「当初からアナを目指していた」(スポーツ紙記者)といい、現在三年生でまさに就職活動中だ。

フジのアナウンサー就職試験といえば倍率数千倍。“美貌に自信アリ”の女子大生たちが、高島彩や中野美奈子、元アイドルの平井理央ら人気アナを夢見て通うのが、各局の主催するアナウンススクールや体験講座である。

紺野が受けたフジの無料講座は半日コースで、原稿読みや発声練習、スタジオでニュースを読んだり、フリートークを行うという。テレビ局就活指南書『パンチラ見せれば通るわよっ!』の著者、霜田明寛氏によれば、「今年の受講者にスタジオトークの映像を見せてもらったら、下から上までパンチラが見えそうなほど舐め回すように撮られていました。他局は上半身だけが普通ですが」

もちろん、単なる“一日セミナー”ではないようだ。「実質的な“青田買い”とされています。セミナー受講段階で数百名に絞られ、選考が始まっている。ここで目を付けられた学生も通常の採用試験を受けますが、アドバンテージは間違いない」(同前)

高島も平井もこの講座を受講したという。だが、テレビ局関係者はこう見る。「アイドル色が付いてしまってることを上層部がどう判断するか……。芸能人でも大友さゆりや福田萌が落ちた例があります。平井の場合は、学芸大付属高から慶大という経歴もありましたからね」

モー娘。合格より難関かも。

(了)

ニュースソース
http://bunshun.jp/shukanbunshun/thisweek_life/090917_1.html


[【テレビ/就職】元モーニング娘。紺野あさ美がフジテレビのアナウンサーに?「アナウンサー1日無料体験講座」を受講]の続きを読む

2009/09/18(金) 11:59:59

【MLB】もう死球は怖くない?160キロの衝撃に耐えられるヘルメット登場

1 :雷電φ ★:2009/09/09(水) 00:18:20 ID:ςςς0

何となく不格好なヘルメットだと思いませんか? メッツのデビッド・ライト三塁手が今月1日から使用しているローリングス社製の「特殊防御ヘルメットS100」がこれ。8月15日に死球を受けたのをきっかけに、「2度と故障者リスト入りしたくない」と安全性を重視したヘルメットを特注。内部には衝撃を和らげる素材をたっぷり使ったため、まるでリトルリーグの少年が被っているみたいになった。

従来のヘルメットが2フィート(60センチ)離れたところから時速60マイル(96キロ)の衝撃に耐えられれば合格だったのに対し、これは2フィートから100マイル(160キロ)にも耐えられるのが売り。スポーツ専門局ESPNなどが早速、このヘルメットを取り寄せて侃々諤々の議論を戦わせたが、中には「ぜひ被ってみたい」との声も。

http://www.zakzak.co.jp/sports/mlb/news/20090908/mlb0909081621003-n1.htm


[【MLB】もう死球は怖くない?デビッド・ライト、160キロの衝撃に耐えられるヘルメットを特注]の続きを読む