Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/12/06(日) 23:59:59

【野球】阪神に人生翻弄された史上最年少プロ・辻本、合同トライアウト参加も「都市対抗レベル」「球が遅すぎる」と酷評★2

1 :裸一貫で墜落φ ★:2009/11/27(金) 19:29:13 ID:ςςς0
 今年最後となる12球団の第2回合同トライアウトが25日、寒風吹きすさぶ神宮球場で行われた。国内12球団をはじめ米大リーグや台湾などの編成担当者が見守る中、投手5人と野手11人の計16人が必死にアピールした。

【「都市対抗レベル」「球が遅すぎる」と酷評】

 最も注目を集めたのは、2004年にドラフト史上最年少の15歳で阪神から8巡目指名された辻本賢人投手(20)。故障にも泣かされて1度も1軍で登板することなく戦力外となった。

 この日も打者5人に対して安打性の当たりは1本に抑えたものの、球種はスローカーブと直球のみ。入団時に最速142キロを計測した速球は134キロにとどまった。降板後は多数の報道陣に囲まれ、「絶好調ではないが、これが僕の今の力。もっと出せるという思いはあるが、出ていないんで」と淡々と語った。

 今後はプロアマ、国内外を問わずオファーを待つというが、ネット裏の反応は厳しい。広島・川端編成グループ長は「フォームがバラバラ。投手コーチが一から直さんといかんね」、社会人・JR東海の関係者も「球が遅い。もう少しスピードがほしい。都市対抗で使えるかどうかというレベル」と評価。知名度はあるだけに観客動員力は期待はできるが、独立リーグ関係者は「球が遅すぎる。話題性はあるけどフォームが問題だ」と食指が動かない様子だった。

 ある編成担当者は「あの若さでプロに入っちゃって、小さくまとまってしまった印象。各年代で試合に出ながら成長できればよかったんだろうけど、周りが全部プロではね…」と指摘。縦縞のユニホームが昭和64年に生まれた少年の人生を、大きく翻弄したのは間違いない。

ソース:ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20091126/bbl0911261611002-n2.htm
“ワンダーボーイ”辻本もいまや20歳。トライアウトでの評価は厳しかった
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/images/20091126/bbl0911261611002-p1.jpg


Athletic Geekの関連記事
・【野球】阪神をクビになった辻本賢人の態度に呆れる報道陣
http://athleticgeek.dtiblog.com/blog-entry-689.html



[【プロ野球】阪神に人生翻弄された史上最年少プロ・辻本 合同トライアウト参加も「都市対抗レベル」「球が遅すぎる」と酷評]の続きを読む

2009/12/06(日) 11:59:59

【大相撲】年6場所全て8勝7敗、今場所も千秋楽でようやく勝ち越し…大関・魁皇「体力は限界にきている。やっとだよね」と大きく息をつく

1 :神奈川県町田市民φ ★:2009/11/29(日) 20:35:11 ID:ςςς0
 大相撲九州場所千秋楽(29日・福岡国際センター)何とか勝ち越した魁皇は「体力は限界にきている。やっとだよね」と大きく息をつく。場所中には右足親指も痛めてしまい、「この2週間は部屋にこもって、ずっと治療していたから」と顔をゆがめた。

 1年間皆勤は2004年以来だが、今年は6場所すべて8勝7敗。年6場所制となった1958年以降では幕内初で、大関としては不名誉な記録だ。「決して褒められるわけがないし、こんなんでいいのかなと思う。情けない成績なのに、声援には本当に感謝している」と複雑な表情だった。

 史上1位の幕内807勝にあと1に迫り、新年を迎える。37歳は「とりあえず体を整え、次の場所に向かいたい」と前を見据えた。

ソース:魁皇、勝ち越しにも複雑/九州場所
http://www.sanspo.com/sports/news/091129/spf0911292010010-n1.htm


[【大相撲】やはりチヨスとは格が違った…年6場所全て8勝7敗、魁皇今場所も千秋楽で勝ち越し]の続きを読む