Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2009/12/14(月) 23:59:59

【野球/早大】斎藤の主将就任は周囲が望んだ訳ではなく応武監督が独断で決定…3年生部員へのアンケートでは斎藤を推す声はゼロだった

1 :ミットモナイト▲φ ★:2009/12/02(水) 13:57:00 ID:ςςς0
斎藤祐の主将就任にみんなが反対している
節目の100代目に応武監督が独断で決定

「あれじゃあ、不安だな」

そう思った早大野球部OBも少なくなかったという。去る21日、早大西早稲田キャンパス内で行われた野球部OB会の100周年フォーラム。オリックス岡田監督、元ロッテの小宮山ら、そうそうたる顔ぶれが集まった会の席上、第100代主将となった斎藤佑は、「100代目の新主将として、野球部の新しい1ページをつくっていきたい」と、壇上で就任の挨拶をした。

が、OBたちの反応は鈍かった。

「斎藤は小さい声でボソボソとしゃべっていたけど、何を言ってるのか全然わからなかったね。頼りなげな印象だったし、OBはおのおのの会話に熱心で、ほとんどの人間は斎藤の話を聞いていなかった。あれで本当に主将が務まるのか……」(出席したOB)

そもそも今回の斎藤の主将就任は周囲から望まれたものではないという。早大関係者が言う。

「主将決定の際に、3年生部員にアンケートをとったところ、斎藤を推す声はゼロで野手の宇高を推す声が多かったそうです。しかし100代目のメモリアルということもあり、応武監督が独断で決定したともっぱら。早大野球部は専任のコーチがおらず、主将は監督の意思を全部員に伝達するなど、コーチの役割も求められる。試合ではフィールドの監督としての動きも必要。投手は野手とは別メニューの練習もある。斎藤は主将には不向きなんです」

以前、外野手で主将になった選手は、試合で投手がピンチを迎えると、外野から全力疾走でマウンドに駆け寄り、ゲキを飛ばしたそうだ。主将は常に全体を把握し、強烈なリーダーシップが求められる。応武監督は、「野手からの信頼も厚いし、25勝という実績もある。何よりリーダーとしての資質がある」と話していたが、評論家の広岡達朗氏が「今は斎藤投手を監督がかわいがりすぎて、みんなひがんでるんじゃないかと心配になる」と話せば、オリックスの岡田監督は、「投手はブルペンで練習せなアカンし、他の練習を見られへん。自分の投げる試合でも勝たなアカンって、プレッシャーもかかるやろ」と、不安の声を上げていた。

斎藤は大学入学以来、投手としての能力は頭打ちといわれる。ドラフトが控える来季は自分自身の鍛錬だけで手いっぱいのはず。主将になった斎藤が来季、ブッ壊れないか心配だ。

2009年12月1日発行の日刊ゲンダイより

はじめてリーダーになる人の教科書


[【野球】同期の斎藤主将就任を推す声はゼロ…応武監督が独断で決定]の続きを読む

2009/12/14(月) 11:59:59

379スケゴー ◆5PyB4Bkxb6:2009/11/22(日) 18:00:59 ID:iTHMOrXs

        _...,,,_
    _,-=^Y''   "'''~''丶,,.      
  ,-y'  ⌒  ⌒ /⌒7ヽ.
 / /(●) (●) (, /   iヽ.      この物語は事実を基にしたフィクションです。
 ! イ:⌒(__人__)⌒:::く ̄}'~} ';
 ヽ|   |r┬-|    丶-イ   ';  
.  i   `ー'´          !
   |       ,         i^
   !人,._  !  i    /.._\__,.イ
     V▽^"''▽▽~ヽフ~^y'┘

[やる夫で学ぶフットボールの歴史 第23話]の続きを読む