Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2010/06/12(土) 23:59:59

もちろんよく知らんががんがれめっさがんがれ(`・ω・´)



【サッカー】元大分コーチ松山博明氏、ブータン代表監督に J2大分コーチから「幸せの国」へ

1 :実家はもんじゃ屋φ ★:2010/06/02(水) 10:35:09 ID:ςςς0
 J2大分から「幸せの国」の代表監督が誕生する。日本サッカー協会はこのほど、大分で指導歴のある松山博明さん(42)を、ブータン代表監督として派遣することを決定。松山さんは今月末にも同国へ出発する。選手として湘南や鳥栖でプレーし、2006年から大分で強化担当、サテライト監督などを務めた熱血漢が、南アジアのサッカー後発国で指導者として新たな一歩を踏み出す。

■ 新たな領域挑む

 選手、指導者として日本サッカー界を渡り歩いてきた松山さんが、新たな領域に挑む。スペイン、ブラジルでの研修歴もあり、海外での指導を志す気持ちは抱いていたものの、ブータンサッカー界は未知の領域。「どういう人間なのかお互いに分からないゼロからのスタート。でも不安より期待の方が大きいですね」

■世界ランク196位

 ブータンは国民の9割以上が「幸せ」と感じている「幸せの国」。FIFAランキングは現在207カ国・地域中196位で、日韓W杯が開催された2002年には、首都ティンプーで英領モントセラトと「最下位決定戦」を行って話題となった。国内リーグは1、2部ともに8クラブで構成されており、代表にはクラブ所属選手以外にも警察や教員が名を連ねている。

 日本協会はアジア貢献事業として、サッカー後発国への指導者の派遣などを行っており、松山さんの派遣もその一環。任務はフル代表監督に加え、16歳以下と19歳以下の各世代別代表の強化にも携わる。現地では唯一の日本人スタッフとして単身生活をする予定で、現在は時間を見つけては英語の習得に励んでいる。

 「まずは人間性や文化を理解することから始めたい」。サッカーの指導以前にブータンに溶け込むことが大切と考える松山さん。「オシムさんをはじめ、長く日本で指導した方は日本人を知り尽くしていた」と言う。

 代表選手が使用するのは土のグラウンドで、トレーニング設備なども充実しているとは言い難い。それでも「逆にやりがいを感じています。水たまりがあれば、あえてそこにボールを放り込んで止めるとか、スタイルを少し変えればいいだけ」と表情は明るい。

 任期は2012年末まで。代表監督に集中するため、5月31日付で大分を退団した。「大分では強化から指導まで貴重な経験をさせていただいた」と振り返る。6月は日本協会の研修を受け、出発に備える。「戦う気持ちの大切さはどの国も同じ。それだけは伝えて帰りたい」。体当たりで選手のやる気を引き出してきた大分時代同様、ブータン代表を熱い指導で盛り上げる。 (丹村智子)

=2010/06/01付 西日本スポーツ=
ソース:http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/175481


[【サッカー】ブータン代表監督に元大分コーチ・松山博明が就任 日本協会より派遣]の続きを読む