Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2010/09/11(土) 23:59:59

【サッカー】発覚!グアテマラ戦は代表強化よりW杯招致が目的だった キリンチャレンジカップ2010 (ゲンダイ)[10/09/09]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/09/09(木) 11:50:58 ID:ςςς0
9月7日のグアテマラ戦はイタリア人指導者、ザッケローニ監督が就任してから行われた親善試合の2試合目。もっとも就労ビザ未取得の関係でベンチには入れず、2試合ともスタンド観戦になり、「2ゴールを決め、リードした後はリスクを避けながら守り切った」と日本代表の勝利に一定の評価を与えた。

序盤からFIFAランク32位の日本が同119位の格下グアテマラを攻め立て、前半12分、20分にFW森本がゴールを決めた。しかし、22分に相手FWにミドルシュートをぶち込まれ、楽勝ムードが吹っ飛んだ。

シュート計23本で追加点を奪えなかったが、それでもグアテマラの拙攻にも助けられ、南アW杯後の新生日本代表は2連勝と好調スタート。

しかし、手放しで喜ぶワケにはいかない。相手のグアテマラは「およそA代表とは呼べないチームだった」(マスコミ関係者)からである。

実は、グアテマラは米国で開催中の4カ国対抗にも代表を送り込んでおり、5日(日本時間)にニカラグアを5―0で破り、8日にはエルサルバドルと対戦する。

今回、来日した選手で南アW杯北中米・カリブ海予選8試合中、半分の4試合以上に出場したのは、たったの7人。「A代表の主軸級20選手を半分に分け、それぞれ日本と米国に送った」(前出の関係者)という事情があったからである。

「当初はグアテマラではなく、7日はイランとの強化試合だったのです」と某サッカー記者が言う。

「日本は来年1月にカタールで行われるアジアカップに参加。1次リーグB組でヨルダン、サウジアラビア、シリアと対戦する。中東勢になじむためにも実力国イランは格好の相手だった。ところが、2022年W杯招致活動のためにグアテマラを招くことになった。4日に対戦したパラグアイもそうだが、グアテマラにもFIFAの理事がいる。W杯開催国は12月2日のFIFA理事会で決まるが、投票権を持つFIFA理事24人をどう籠絡(ろうらく)するか? パラグアイとグアテマラには当然《大会エントリーフィ》が払われる。この2カ国の相場は3000万円といわれるが、今回は2倍の6000万円が用意されたともっぱら。当然ワイロではない。《ムリを言って日本に来てくれた》ので奮発した――と理由付けした」(前出の記者)

ちなみに新生日本代表の3戦目は、10月8日に埼玉で行われるアルゼンチン戦となっている。アルゼンチンにもFIFAの副会長がいる。強豪アルゼンチンを招待するには「1億円は必要」(前出の記者)。さて、サッカー協会がいくら上積みするか? 注目である。

http://gendai.net/articles/view/sports/126323


[【ゲンダイ】発覚!グアテマラ戦は代表強化よりW杯招致が目的だった]の続きを読む