Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2010/11/03(水) 23:59:59

【野球】プロ野球、09年度は9球団が実質赤字…自力黒字は巨人・広島・阪神のみ、親会社の支援不可欠

1 : ◆KyakuTOYLimt @自由席の観客φ ★:2010/10/22(金) 23:39:26 ID:ςςς0
プロ野球、9球団が実質赤字 09年度、親会社の支援不可欠

TBS(東京放送)ホールディングス傘下のプロ野球、横浜ベイスターズ売却に向けた交渉が大詰めを迎えている。プロ野球は国民的な人気を誇るが、12球団の2009年度の最終損益は横浜など4球団が赤字。親会社の支援で見かけ上黒字の球団を含めると実質9球団が赤字。横浜売却に動くTBSHDも連結最終赤字で、不採算の球団を支える余力が低下した。今後も親会社の業績次第で球団の処遇が焦点となる可能性がありそうだ。

「巨人戦の放映権料がこんなに値下がりするとは……」。TBSHDの幹部はため息をつく。横浜の09年12月期の最終損益は5億300万円の赤字(前の期は100万円の黒字)。約20億円を支援しても黒字を確保しにくい大きな要因は放映権料の値下がりだ。

巨人戦の人気が低下し地上波の中継で視聴率が取れず、本業との相乗効果も薄れた。TBSHDは10年3月期に23億円の最終赤字を計上。11年3月期は黒字転換を見込むが依然低水準だ。不採算事業をいつまでも持ち続けることは難しい。

見かけ上は黒字決算だった中日や北海道日本ハム、損益均衡だったオリックスも経営は決して楽ではない。年間予約席の販売や大手スポンサーといった「大口取引」の縮小を補うために、親会社の多くは広告宣伝費などの名目で数億円から数十億円を支出している。上場会社の日本ハム、オリックスともに前期の純利益は前の期比で大幅に回復したものの、ピーク時を大きく下回る。

親会社の業績悪化は球団売却につながってきた。04年12月にオリックスと統合した大阪近鉄の親会社、近畿日本鉄道は00年3月期から4期連続で最終赤字を計上、不採算事業整理の一環で球団を手放した。ソフトバンクの前の親会社だったダイエーも産業再生機構に支援を要請したことで球団売却を決断した。

もっとも、プロ野球は今季も公式戦だけで年間2214万人の観客を集める人気スポーツだけに、球団の損益を超えた広告宣伝効果は大きい。

05年に球界に参入したソフトバンクや楽天も球団の赤字を親会社が補てんしているが、ソフトバンクは携帯電話のテレビコマーシャルに主力選手らを起用。楽天もネット通販で球団が勝った次の日にポイントを増やすなど、各社とも本業との相乗効果を出している。横浜買収に名乗りをあげる住生活グループも新ブランド「LIXIL(リクシル)」の知名度向上に生かす考えだ。

なお、自力での黒字は巨人、広島、阪神の3球団にとどまったようだ。

日本経済新聞 2010/10/22 23:22
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819596E3EBE2E7938DE0E0E3E2E0E2E3E28698E0E2E2E2


[【プロ野球】09年度は9球団が実質赤字…親会社の支援不可欠 ]の続きを読む