Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2011/08/15(月) 23:59:59

【陸上】生ける伝説マリーン・オッティー(51)、100メートルを11秒77で駆け抜ける

1 :なうなう@うんこなうρ ★:2011/08/11(木) 05:56:49.26 ID:ςςς0
1960年5月10日生まれ、51歳のマリーン・オッティー(スロベニア)が7月31日に100メートルを11秒77(追い風0・3メートル)で走りました。オッティーといっても若い読者の方はご存じないかもしれませんが、80年代から世界のトップクラスで活躍してきたスプリンターです。

100メートル11秒77というと、8月8日現在の2011年日本リストの10位相当。スロベニアでは今季5位の記録です。51歳の「おばさん」がこんなタイムで走るとは何とも驚きです。なお、7月31日の同じ試合の第2レースでは、追い風3・4メートルの参考記録ながら11秒69もマークしています。

51歳の男子100メートルの日本歴代の最高記録は11秒68(小堀拓也さん=栃木県、2010年)ですから、「いい勝負」です。ということは、オッティーに勝てる同年齢の日本人男性は「いないかもしれない」のです。

オッティーは、もともとはジャマイカの国籍でしたが、2002年にスロベニアに国籍変更しました。陸上競技と取り組み始めたのは15歳の75年からで、その競技歴は今年で37年目になります。身長183センチ、体重64キロの大柄で100メートルの自己ベストは10秒74(世界歴代6位)、200メートルは21秒64(同3位)です。

(以下、省略)

http://www5.nikkansports.com/sports/athletics/column/noguchi/archives/20486.html


[【陸上】真の鉄人マリーン・オッティー(51)、100メートルを11秒77で駆け抜ける]の続きを読む