Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2013/12/05(木) 19:32:02

【サッカー】デイリースポーツが「死の組」を独断選定。「ベルギー/ イタリア/ カメルーン/ 日本」だ

1 :そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★:2013/12/04(水) 19:39:21.12 ID:???i
「死の組」っていったい何なのでしょう。

サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が3日にブラジルW杯の組み合わせ抽選に出発した。「抽選そのものは重視していない」と強調してはいたが、対戦相手を気にする様子も見せた。

「今まで対戦したことのない国と対戦したい」(例)ドイツ、スペイン、スイスなど「サッカーに適した場所で試合がしたい」(例)サンパウロ、リオデジャネイロ、ベロオリゾンテなどのブラジル中部といった要望を挙げつつ、気になる一言もあった。

「強豪国やサッカー文化のある国を避けたいと思いがちだが、必ずしもそうではない」

これはどういうことだろうか。

「そのようなチームがベストな状態だとやりたくはないが、そうとは今から言えない」

ザッケローニ監督がさしているのは、1次リーグでは番狂わせが起こりやすいということだろう。強豪国は優勝を目指すため決勝トーナメント以降、尻上がりに調子を上げるコンディションづくりをイメージする。

逆に、中堅国以下は1次リーグから100%の力でぶつかる必要がある。日本がつけ込むすきがあるとしたら、「本調子でない強豪国」の方なのだろう。ザック監督の理論を考慮した場合の「死の組」をデイリースポーツ担当記者が独断で考えてみた。今まで対戦したことのある国で、中堅ながらも実力がある国がそろう。これがザック監督がもっとも望まないかたちだろう。

シード国ではベルギーと同組の場合、相手は11月の欧州遠征での雪辱に燃えてくるだろう。もう1カ国同組が予想される欧州勢では、コンフェデ杯で激闘を演じたイタリアと。さらに、アフリカからカメルーンが選ばれた場合は、ザックジャパンとしての対戦こそないが、南アW杯のリベンジマッチとなる。

【デイリースポーツが選定 死の組】
ベルギー イタリア カメルーン 日本

こうした組み合わせをあれこれ夢想するのも、W杯の楽しみの一つ。同行する原技術委員長は「強いとことやりたいよ。W杯に出るとこは、どっこも強いけどな」。心なしか声を弾ませていた。

広川継

http://www.daily.co.jp/opinion-d/2013/12/04/0006546846.shtml


[【サッカー】デイリースポーツが選定する死の組!ベルギー・イタリア・カメルーン・日本だ!]の続きを読む