Athletic GeeK

諸君、私はサカ速が好きだ。私もサカ速が大好きだ。


2010/09/17(金) 23:59:59

【フットサル/Fリーグ】後藤健生 引き分けに持ち込まれた挙句に相手の戦い方を非難したのでは、「八つ当たり」としか言えない!

1 :アフリカンフラグフィッシュφ ★:2010/08/10(火) 11:32:31 ID:ςςς0
http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2010080807140702.html

2010年Fリーグの開幕戦(セントラル開催の3試合)を見に行った。

鳴り物入りで名古屋オーシャンズに加入したリカルジーニョ人気のおかげか、5000人以上の観客が詰め掛けての開幕戦である。そして、フットサル専門記者以外にも多数の記者が取材に訪れていた。そのリカルジーニョが出場した第1試合、名古屋対エスポラーダ北海道の試合後の記者会見は「哲学論争」と言うべきか「水掛け論」と言うべきか、長い長い会見となり、2試合目が始まる直前にようやく終わった。名古屋オーシャンズのアジウ監督が「北海道のような戦い方をしたのではフットサルの面白さを分かってもらえないし、日本の強化のためにもならない」と、エスポラーダ北海道の戦い方を痛烈に批判したのだ。

事情はこうだ。この試合、北海道は徹底してロースコアゲームに持ち込む作戦を採った。

名古屋は、Fリーグ開幕から3年連続優勝を飾った日本で唯一のプロチーム。予算規模から言っても、施設面から言っても日本のナンバーワンクラブである。一方の北海道は、昨シーズン初めてFリーグに参加したチーム。大健闘で昨季4位に入ったとはいえ、名古屋と比べれば「格下」であることは間違いない。7月に行われたリーグカップである「大洋薬品オーシャンアリーナカップ」でも、北海道は3位に入ったのだが、準決勝では名古屋に1-8という大敗を喫しているのだ(大洋薬品は名古屋オーシャンズのメインスポンサーであり、オーシャンアリーナは名古屋のホームアリーナ。それだけでも、オーシャンズの地位が分かるというもの)。北海道が、勝負にこだわった戦いを選択したのも当然のことだろう。

方法はこうだ。前半から北海道はボールをキープすると「パワープレー」に出たのだ。


[【Fリーグ】引き分けに持ち込まれた挙句に相手の戦い方を非難したのでは、「八つ当たり」としか言えない]の続きを読む

2010/09/16(木) 23:59:59

【高校野球】ベンチで偉業支えた「19歳の高校球児」 センバツ優勝メンバーの興南・大湾圭人記録員

1 :THE FURYφ@けん引きφ ★:2010/08/22(日) 13:32:41 ID:ςςς0
【夏の1ページ 興南13―1東海大相模】まるで夢を見ているようだ。春夏連覇。春はグラウンドで、今夏はベンチで歓喜の瞬間を迎えた。興南の記録員、大湾(おおわん)はひたすら感激していた。

 「もううれしいしかない。こんな体験、誰にもできませんから」

 島袋ら同級生には「大湾さん」と呼ばれる。一度入学した県内高校を中退。興南を受験し直した。1年遅れで入学して4月8日で19歳。高野連の規定からユニホームを着られるのは今春までだった。センバツは背番号14、決勝で延長12回2死から我如古主将に代わって三塁を守った。試合後、我喜屋監督からウイニングボールをもらった。誰よりも努力してきたことへのご褒美だった。

 センバツ後は裏方に徹した。興南野球を支えるデータ班。2回戦から記録員でベンチ入りし、相手投手の傾向を各打者に伝えれば、夜中1時までデータをまとめる日もあった。「ユニホームは着てなくても、本当に幸せですよ。普通の高校生には経験できないことをしてる」。高校再受験を後押しした父・勇さん(49)も目を細める。

 我喜屋監督の教えで私生活も手を抜かずにやってきた。「この経験をこれからの人生に生かしたい」。連覇は将来へのプレーボールだった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/08/22/23.html


[【高校野球】沖縄・興南、ベンチで偉業支えた「19歳の高校球児」]の続きを読む

2010/09/15(水) 23:59:59

【サッカー/中国】山東省・国際ユース大会の中国×韓国で、判定に怒った韓国人選手が、審判につばを吐きつけ、チームは試合を放棄!

1 :アフリカンフラグフィッシュφ ★:2010/08/11(水) 16:04:19 ID:ςςς0
http://news.livedoor.com/article/detail/4939760/

中国・山東省で10日に開催されたウェイ坊国際青年サッカー大会の中国対韓国の試合で、判定に怒った韓国人選手が、審判につばを吐きつけた。

監督は謝罪したが、「判定があまりにも中国びいき」との批判は撤回せず、「中国のサッカーは永遠にレベル向上が難しい」と述べた。

韓国チームは試合を放棄した。中国新聞社が報じた。(「ウェイ」はさんずいに「維」)

対戦したのは、韓国の高校代表チームと中国国家青年チーム。試合前半は双方とも得点できず、後半15分に中国が1点を先取した。

試合はその後、双方の攻防が厳しさを増した。その結果、後半20分と37分に、韓国選手に対してレッドカードが出された。

韓国側は「中国に有利な判定」と猛抗議した。混乱の中で、韓国チームの選手1人が、審判につばを吐きかけた。韓国チームは試合を放棄。

それまでの得点合計で、3対0で中国チームの勝利となった。

韓国の南基永監督は試合後、選手が審判につばを吐いたことについては謝罪。しかし、判定に対する猛反発の姿勢は崩さず、

「中国選手にも反則があったが、審判は警告すらしなかった」、「われわれの選手には、いきなりレッドカードを出した」と述べ、「こんな判定をするようでは、中国のサッカーは永遠にレベル向上が難しい」と批判した。

試合を放棄したことについては「次回大会に招待されなくともかまわない」、「こんな状況では、チームの強化の意義は、まったくない」と、切り捨てた。

動画
http://video.sina.com.cn/p/sports/n/v/2010-08-10/184761078681.html

唾液の証拠写真
http://res.news.ifeng.com/attachments/2010/08/11/rd_or_559ee1fd0ffe40fcbb46fcda5e386963.jpg


[【サッカー】審判に唾を吐きつけチームは試合を放棄…山東省・国際ユース大会、中国・韓国戦]の続きを読む

2010/09/14(火) 16:59:59

【映画】故・黒澤明監督の生誕100年・・・海外と日本の「温度差」とは

1 :ね( ゚Д゚)こφ ★:2010/09/06(月) 01:28:58 ID:ςςς0

「誰もが認める、現役最高の監督です」

1990年3月、米アカデミー賞の授賞式。壇上に並んだジョージ・ルーカス(1944年〜)とスティーヴン・スピルバーグ(1947年〜)の両監督が、緊張した表情で「アキラ・クロサワ」を紹介した。会場にどっかと構えた身長180センチの黒澤明(1910〜98年)は、万雷の拍手の中、ゆっくりと登壇。名誉賞のオスカー像をルーカスから手渡され、大きな右手で握る。“クロサワ”の影響を最も強く受けて映画の道に入り、“クロサワ”を指針とし、いまやハリウッドの頂点に立つ2人の〈チルドレン〉が、〈師(マスター)〉の姿を眩(まぶ)しそうに見上げた。

まるで黒澤映画を見るように、といったら本人は激怒するに違いないが、この中継映像は一瞬で、きわめて雄弁に、日本が生んだ「世界のクロサワ」の実像をわれわれ日本人の目に焼き付けた。風格、圧倒的な存在感、いかに海外で敬愛されているか。

そして、この粋な計らいを用意したのが、黒澤が尊敬してやまない映画監督、ジョン・フォード(1894〜1973年)を生んだ〈映画の都・ハリウッド〉であった。

晴れ舞台でのスピーチは、世界の映画を愛する人々を感銘させた。

「誠に光栄に思います」。そう切り出した黒澤は「しかし、はたして私がそれに値するかどうか少し心配です。なぜなら私はまだ映画が解っていない」。聴衆がどよめいた。「あ、いや、その…、映画というものをまだ、しっかりつかんでいないような気がするからです」

そこからが黒澤の真骨頂だった。「映画というものはすばらしい。しかし、このすばらしく美しいものをつかむのは大変むずかしい。私はこれからもこの映画というすばらしいものをつかむために全力を尽くすつもりです」

(続く)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/entertainment/showbiz/snk20100905076.html


[三船という名前の迫力]の続きを読む

2010/09/12(日) 23:59:59

★初心者もミーハーもこれだけおさえておけば名誉芸スポ民!
現役海外リーグ所属日本人サッカー選手(2010年9月10日時点での海外リーグ所属の現役選手、Wikipedia準拠)
(マイナー、裏海外組は別リストにて作成予定)



●代表、元代表、年代別日本代表、日本代表正式候補
・阿部勇樹   市原→浦和→レスター・シティFC[英2部]
・内田篤人   鹿島→シャルケ04[独]
・香川真司   C大阪→ボルシア・ドルトムント[独]
・川島永嗣   大宮→名古屋→川崎→リールセSK[ベルギー1部]
・小林大悟   ヴェルディ→大宮→スターベクIF[ノルウェー][ローン]→イラクリス・テッサロニキFC[ギリシャ]
・鈴木隆行   鹿島→CFZ[ブラジル][ローン]→鹿島→市原/千葉[ローン]→CFZ[ブラジル][ローン]→鹿島→川崎[ローン]
         →鹿島→KRCヘンク[ベルギー]→鹿島→ヒュースデン・ゾルダー[ベルギー]→鹿島→レッドスター・ベオグラード
         [セルビア・モンテネグロ]→横浜FM→ポートランド・ティンバーズ[米]
・高原直泰   磐田→ボカ・ジュニアーズ[アルゼンチン][ローン]→磐田→ハンブルガーSV[独]→アイントラハト・フランクフルト[独]
         →浦和→水原三星ブルーウィングス[韓]
・長友佑都   FC東京→ACチェゼーナ[伊][ローン]
・長谷部誠   浦和→VfLヴォルフスブルク[独]
・林彰洋    プリマス・アーガイルFC[英2部]→ROCシャルルロワ=マルシェンヌ[ベルギー3部]
・平野孝    名古屋→京都→磐田→ヴェルディ→神戸→横FM→大宮→バンクーバー・ホワイトキャップス[米]
・本田圭佑   名古屋→VVVフェンロ[蘭1→2→1部]→CSKAモスクワ[露]
・巻誠一郎   千葉→アムカル・ペルミ[露]
・松井大輔   京都パープルサンガ→ル・マンUC[仏1部]→ASサンテティエンヌ[仏1部]→グルノーブル・フット38[仏1→2部]
         →FCトム・トムスク[露]
・森本貴幸   ヴェルディ→カルチョ・カターニア[伊]
・矢野貴章   磐田[強化指定選手]→柏→新潟→SCフライブルク[独]
・吉田麻也   名古屋→VVVフェンロ[蘭]

・安藤梢     さいたまレイナスFC→浦和レディース→FCR2001デュースブルク[独女1部]
・宇津木瑠美  日テレ・ベレーザ→モンペリエHSC[仏女1部]
・澤穂希     読売ベレーザ→NTVベレーザ→ワシントン・フリーダム[米]→日テレ・ベレーザ[一時帰国]
・永里優季   日テレ・ベレーザ→1.FFCトゥルビネ・ポツダム[独女1部]
          ※UEFA女子チャンピオンズリーグ優勝
・宮間あや   日テレ・ベレーザ→岡山湯郷Belle→ロサンゼルス・ソル[米]→岡山湯郷Belle[一時帰国]
・山口麻美   日テレ・ベレーザ→フロリダ州立大[留学]→ウメオIKダームフットボル[スウェーデン]→アトランタ・ビート[米]
・山本絵美   TASAKIペルーレFC→シカゴ・レッドイレブン[米]→LA・パリ・ブルーズ[米]

[【サッカー】これだけは押さえておこう!海外リーグ所属日本人選手一覧 2010年9月版]の続きを読む

2010/09/11(土) 23:59:59

【サッカー】発覚!グアテマラ戦は代表強化よりW杯招致が目的だった キリンチャレンジカップ2010 (ゲンダイ)[10/09/09]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/09/09(木) 11:50:58 ID:ςςς0
9月7日のグアテマラ戦はイタリア人指導者、ザッケローニ監督が就任してから行われた親善試合の2試合目。もっとも就労ビザ未取得の関係でベンチには入れず、2試合ともスタンド観戦になり、「2ゴールを決め、リードした後はリスクを避けながら守り切った」と日本代表の勝利に一定の評価を与えた。

序盤からFIFAランク32位の日本が同119位の格下グアテマラを攻め立て、前半12分、20分にFW森本がゴールを決めた。しかし、22分に相手FWにミドルシュートをぶち込まれ、楽勝ムードが吹っ飛んだ。

シュート計23本で追加点を奪えなかったが、それでもグアテマラの拙攻にも助けられ、南アW杯後の新生日本代表は2連勝と好調スタート。

しかし、手放しで喜ぶワケにはいかない。相手のグアテマラは「およそA代表とは呼べないチームだった」(マスコミ関係者)からである。

実は、グアテマラは米国で開催中の4カ国対抗にも代表を送り込んでおり、5日(日本時間)にニカラグアを5―0で破り、8日にはエルサルバドルと対戦する。

今回、来日した選手で南アW杯北中米・カリブ海予選8試合中、半分の4試合以上に出場したのは、たったの7人。「A代表の主軸級20選手を半分に分け、それぞれ日本と米国に送った」(前出の関係者)という事情があったからである。

「当初はグアテマラではなく、7日はイランとの強化試合だったのです」と某サッカー記者が言う。

「日本は来年1月にカタールで行われるアジアカップに参加。1次リーグB組でヨルダン、サウジアラビア、シリアと対戦する。中東勢になじむためにも実力国イランは格好の相手だった。ところが、2022年W杯招致活動のためにグアテマラを招くことになった。4日に対戦したパラグアイもそうだが、グアテマラにもFIFAの理事がいる。W杯開催国は12月2日のFIFA理事会で決まるが、投票権を持つFIFA理事24人をどう籠絡(ろうらく)するか? パラグアイとグアテマラには当然《大会エントリーフィ》が払われる。この2カ国の相場は3000万円といわれるが、今回は2倍の6000万円が用意されたともっぱら。当然ワイロではない。《ムリを言って日本に来てくれた》ので奮発した――と理由付けした」(前出の記者)

ちなみに新生日本代表の3戦目は、10月8日に埼玉で行われるアルゼンチン戦となっている。アルゼンチンにもFIFAの副会長がいる。強豪アルゼンチンを招待するには「1億円は必要」(前出の記者)。さて、サッカー協会がいくら上積みするか? 注目である。

http://gendai.net/articles/view/sports/126323


[【ゲンダイ】発覚!グアテマラ戦は代表強化よりW杯招致が目的だった]の続きを読む

2010/09/10(金) 23:59:59

【高校野球】ユニホーム、時代と共に「フィット」 グラブはより軽く

1 :THE FURYφ@けん引きφ ★:2010/08/21(土) 00:35:01 ID:ςςς0
白系のユニホームに金属製バット――。画一的なイメージの強い高校球児の姿が、時代とともに変化している。ユニホームの着こなしは「フィット感」、用具類は「軽量化」がキーワードだ。

ユニホームの着こなしは大きく変化した。大手スポーツ用品メーカーのミズノによると、1980年代は体にフィットするタイプが主流を占めていた。代表格はPL学園(大阪)。90年代に入ると、体を大きく、強く見せるためか、ゆとりのあるシルエットのユニホームが中心になった。代表的なのが樟南(鹿児島)という。

2000年代になると、80年代のような体に合ったタイプが再び増えてきた。ただ、細部は微妙に違う。素材の伸縮性が向上しているため、体を動かしたときのフィット感が80年代より一層高くなっている。パンツも股上が浅いものや、丈が短いタイプが増加。大リーグのイチロー(マリナーズ)のように、ふくらはぎいっぱいにストッキングを見せるスタイルが流行だ。代表するのは駒大苫小牧(北海道)。ただ、地域によって若干の差があり、九州では今も90年代のようなゆったりスタイルが主流という。

ユニホームへの校名や校章の記し方も変化した。従来の刺繍(ししゅう)やワッペンに代わり、2009年にWBC日本代表ユニホームでも採用された昇華プリント(生地に色を浸透させる方式)が普及しつつある。今大会でも広陵(広島)、東海大相模(神奈川)、九州学院(熊本)、遊学館(石川)、英明(香川)などが着ていた。九州学院の平井誠也部長は「刺繍やワッペンは、どうしても胸の部分に汗がたまって重くなった。プリント式は軽く、生徒にも好評」と話す。

用具も使いやすさを求めて軽量化が著しい。ミズノによると、1998年には530グラムだった内野手用のグラブは、型紙や縫製技術の見直しで現在では約500グラムに減量された。スパイクも本体をスエード調にしたり、靴底を樹脂製にしたりして、同じく98年の340グラムから、310グラムになった。

捕手の防具も、低反発クッションの導入などで安全性の確保と軽量化を実現。上半身を保護するプロテクターは98年の700グラムが、現在では580グラムにまで軽くなっている。

http://www2.asahi.com/koshien/news/OSK201008200065.html


[【高校野球】時代の変化でユニホームはよりフィット、グラブはより軽く]の続きを読む

2010/09/09(木) 23:59:59

【ラグビー】残り1分で逆転トライ! ニュージーランドが南アフリカを29-22で下し、2年ぶり10度目の優勝=トライネーションズ2010

1 :THE FURYφ@けん引きφ ★:2010/08/22(日) 14:57:47 ID:ςςς0
ラグビーの南半球3カ国対抗は21日、ヨハネスブルク近郊の旧黒人居住区
ソウェトで行われ、ニュージーランドが南アフリカを29−22で下し、
2年ぶり10度目の優勝を果たした。

http://www.sanspo.com/rugby/news/100822/rgg1008221233000-n1.htm


[【ラグビー】残り1分で逆転トライ!NZが南アを29-22で下し、2年ぶり10度目の優勝=トライネーションズ2010]の続きを読む

2010/09/07(火) 23:59:59

【サッカー】キリン杯で日本と対戦するグアテマラ、まさかのダブルブッキング…試合当日にアメリカでエルサルバドルとの試合を組んでいた

1 :すてきな夜空φ ★:2010/09/03(金) 06:37:13 ID:ςςς0
 7日の日本―グアテマラ戦が国際Aマッチに認定されない可能性があることが2日、分かった。グアテマラは同じ7日に米国・ワシントンでエルサルバドル戦を組んでいることが判明。FIFAは、フル代表を同時に複数チームつくることを認めていないため、どちらか一方は、国際Aマッチに認定されない見込みだ。

 まさかのダブルブッキングだ。日本サッカー協会関係者は困惑しながら「グアテマラの監督、主力選手は日本に来ます。エルサルバドル戦はU―20代表にベテランが加わったチームが参加すると聞いています。日本―グアテマラ戦が国際Aマッチになります」と説明した。しかし、認定を下すのは、あくまでFIFA。予断は許さない状況だ。

 1997年2月に行われた日本―ルーマニア戦は開催当時には国際Aマッチとして扱われていたが、その後、同時期にルーマニアが欧州でも国際試合をしていたことが判明し「ルーマニア選抜戦」としてBマッチ扱いに格下げされた例がある。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20100903-OHT1T00048.htm


[【サッカー】グアテマラ、日本戦とエルサルバドル戦をダブルブッキング]の続きを読む

2010/09/04(土) 23:59:59

【ラグビー】“日本ラグビーの顔”大畑大介(34)、今季限りで引退

1 :鳥φ ★:2010/08/31(火) 12:11:28 ID:ςςς0

ラグビー・トップリーグ神戸製鋼の元日本代表WTB大畑大介(34)が30日、今季限りで現役引退することが明らかになった。

肉体・精神両面で限界を感じ、9月3日の今季開幕を前に異例の決断を下した。日本代表58キャップは歴代3位で、テストマッチ通算69トライは今なお世界記録。日本ラグビーの顔だった希代のトライゲッターは、7季ぶりの王座を神鋼にもたらすべくラストイヤーに臨む。

大畑らしい、型破りな決断だった。9月4日の神戸製鋼の今季初戦(対クボタ、長居ス)5日前、今季限りで引退する意向を本紙に明かした。神鋼に意向を伝えて了承されたのが8月下旬。「もう心と身体のバランスはギリギリのところにある。自分の納得できるパフォーマンスやコンディションをつくれるのは今年が最後なのかなと。だからこそ、退路を断った。覚悟の引退表明です」と心境を明かした。

京産大3年時の96年に代表デビュー。抜群の決定力でジャパンの得点源となり、06年5月14日のグルジア戦ではテストマッチ通算65トライとして元オーストラリア代表WTBキャンピージが持っていた世界記録を更新。7人制の99年香港セブンズでは大会史上最高といわれる90メートル独走トライで大会MVPに輝いた。

国内でも神鋼を日本一に導くなど活躍し、01年にはテレビ番組「スポーツマンNo・1決定戦」で優勝して知名度は全国区に。ラグビー界の顔として積極的に競技の宣伝にも努めてきた。

ラストシーズンは7季ぶりとなる神鋼の王座奪回が目標となる。「先に引退を表明するのは、今季がお礼回りみたいな意味もあるから。“最後に大畑大介を見に来てください”と。引退キャンペーンです」。最後の挑戦が始まる。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/08/31/01.html
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/08/31/images/KFullNormal20100831075_l.jpg


[【ラグビー】大畑大介、今季限りでの引退を表明]の続きを読む